昭和57年7月豪雨(長崎大水害)

 昭和57(1982)年の九州北部地方の梅雨は過去に例のないほど極端な変化を伴って推移した。6月13日頃に梅雨入りしたが5月に続いて雨の降る日が少なく、6月の月降水量は 佐賀、福岡、下関などで少雨記録を更新し、長崎、熊本も平年に比べて月降水量は少なかった。この少雨傾向は7月上旬まで続いたが10日になって梅雨前線が次第に九州付近まで北上し、11日は一転して大雨が降り、その後25日まで曇りや雨の日が続いた。とくに、23日午後から降り出した長崎市付近の大雨では局地的に1時間100mmを超える猛烈な雨が3時間以上にわたって降り続いた。長崎県長与町役場では23日19時から20時までの1時間に187mmの猛烈な雨を観測した。23日の長崎での最大1時間降水量、最大3時間降水量は昭和32年(1957年)諫早豪雨に匹敵するものであった。
 この大雨で長崎市を中心に死者・行方不明299名の人的被害を含む大きな災害が発生し、都市型災害の始まりとも言われた。その後、24日から25日にかけて大雨の中心は熊本県や大分県に移動し、ここでも大きな災害が発生した。これを受けて気象庁は、7月23日から25日までの大雨を「昭和57年7月豪雨」と命名した。この災害では、長崎市付近に集中して死者・行方不明者が多くでたが、このことが住民の避難誘導に関する防災システムや予・警報、気象情報の伝達などに係わる重要な検討課題を浮き彫りにし、大きな改善が進められる契機となった。現在、気象庁が発表している「記録的短時間大雨情報」は、この長崎大水害がきっかけとなった。

被害状況

 人的被害状況(長崎県・長崎市両対策本部調べ)                住家被害状況(長崎県・長崎市両対策本部調べ)
   区 分    長崎県    長崎市
   死 者    294人    257人
   行方不明      5人      5人
   重傷者     16人     13人
   軽傷者    789人    741人
    計  1,104人  1,016人
   区 分    長崎県    長崎市
   全 壊     584棟     447棟
   半 壊     954棟     746棟
   一部破損   1,111棟     335棟
   床上浸水  17,909棟  14,704棟
   床下浸水  19,197棟   8,642棟

気象資料等

画像クリックで拡大

1982年6月~7月の日降水量
画像クリックで拡大
   先行雨量分布
  (7月10日~21日)
地上天気図
地上天気図
7月23日09時
7月23日21時



   毎時雨量時系列
  アメダス+部外観測所



   長崎水害写真集

警戒状況

 この大雨に際して長崎地方気象台が発表した注意報・警報・情報等は下記表のとおりである。当時、これらの情報はすべて関係防災・報道機関に同時送話装置(電話)で伝達され、電信電話公社(現NTT)の電話サービス(177)にも吹き込まれた。また、災害が大きくなり始めていた23日の18時30分から24日19時までと、25日深夜から早朝までの間、テレビ・ラジオ等で長崎地方気象台職員による気象状況の解説が放送された。各放送局(NHK、NBC、KTN)では23日夜から、24日早朝にかけて通常番組終了後も、放送時間を延長して終夜テレビ・ラジオ等で大雨状況や災害に関する報道を行った。

 長崎地方気象台における注意報・警報および情報の発表状況(7月23日~7月25日)
    種類発表時刻
波浪注意報23日13時50分
大雨・洪水・強風・雷雨・波浪注意報23日15時25分
大雨・洪水警報、強風・雷雨・波浪注意報23日16時50分
大雨情報第1号23日20時40分
大雨情報第2号23日22時20分
大雨情報第3号23日23時35分
大雨情報第4号24日00時25分
大雨情報第5号24日01時30分
大雨情報第6号24日02時30分
大雨情報第7号24日03時25分
大雨情報第8号24日04時30分
大雨情報第9号24日05時15分
大雨情報第10号24日08時25分
    種類発表時刻
大雨情報第11号24日09時25分
大雨情報第12号24日11時10分
大雨情報第13号24日12時20分
大雨情報第14号24日16時45分
大雨・洪水警報、雷雨・波浪注意報24日17時20分
大雨情報第15号24日19時40分
大雨情報第16号24日22時10分
大雨情報第17号25日00時00分
大雨情報第18号25日01時30分
大雨情報第19号25日03時40分
大雨情報第20号25日05時45分
波浪注意報25日11時40分
解除25日06時25分