ホーム > 統計情報 > 長崎の災害一覧 > 1999年(平成11) 7月 諫早の大雨

1999年(平成11) 7月 諫早の大雨

概況

九州付近は太平洋高気圧の周辺部となり、弱い熱帯低気圧が日本海西部を北東に進んだ。 このため九州北部付近は大気の状態が非常に不安定であった。

平成11年7月23日09時の天気図

災害概況

23日諌早市で中学生が国道脇の側溝に転落、中尾川に流され死亡した。交通障害:県営バス220本運休、JR83本運休、島原鉄道一時運転見合わせ、長崎自動車道通行止、長崎航空離島便全便欠航
その他:09時15分諌早市が住民に対して非難勧告(16時35分解除)。

県内被害

死者 1人
全壊家屋 1棟
床上浸水 47棟
床下浸水 106棟
山崖崩れ 31件

諫早地域雨量観測所の毎時雨量 (mm)

  時\日 7月23日
1 0
2 1
3 0
4 36
5 23
6 8
7 10
8 44
9 101
10 93
11 23
12 1
13 0
14 0
15 0
16 0
17 0
18 0
19 0
20 0
21 0
22 0
23 0
24 0
日計 342
1時間最大 101
同上起日時 23日09時