平成12(2000)年9月11〜12日
秋雨前線と台風第14号による大雨(東海豪雨)

概 況

 9月11日から12日にかけて、本州上には前線が停滞していた。一方、大型で非常に強い勢力の台風第14号が日本の南にあってゆっくりとした速度で沖縄方面に進んでいた。
 この前線に向かって、台風周辺の非常に暖かく湿った空気が断続的に流入したため、東海地方では、ほぼ同じ地域で長い時間にわたって積乱雲が発生・発達した。
 特に、愛知県西部から三重県北中部にかけて局地的的な豪雨となり、名古屋市や東海市では日最大1時間降水量や日降水量が観測史上第1位を更新するなど猛烈な雨が降った。名古屋では11日02時から、東海市では11日01時から降り始めた雨は日中弱まったが、宵の内になり突然激しい雨に変わり、名古屋では18時06分〜19時06分の1時間には97㎜の記録的な豪雨となり、東海市では18時〜19時の1時間には114㎜の記録的な豪雨となった。その後、12日明け方まで強い雨が続いた。2日間の総降水量は名古屋で567㎜、東海市で589㎜と共に年降水量の3分の1を超えた。また、南知多町や美浜町及び名古屋市緑区では竜巻が発生した。
 この豪雨で名古屋市及びその周辺の市町村では堤防の決壊、河川の越水により、広範囲で浸水害が発生したほか、各地で土砂災害も発生した。県内では死者7名、重軽傷者107名、床上浸水22,078棟に達する甚大な災害が発生した。

名古屋地方気象台における極値更新
要     素 観  測  値 観測した日時 従来の値とその観測年月日
日最大1時間降水量  97.0 ㎜
(81年ぶりに更新)
9月11日18時06分
〜 11日19時06分
92.0 ㎜(1919(大正8)年7月18日)
日 降 水 量 428.0 ㎜
(104年ぶりに更新)
9月11日 240.1 ㎜(1896(明治29)年9月 9日)
最大24時間降水量 534.5 ㎜ 9月11日05時
〜 12日05時
277.5 ㎜(1971(昭和46)年8月30日)
日降水量と最大24時間降水量は、従来の1位の約2倍という雨量を記録した。


愛知県被害状況   (平成12年9月11日からの大雨による災害の記録:愛知県 から)
人的被害 死 者(人) 7 住家被害 全  壊 (棟) 18
負傷者 重 傷(人) 20 半  壊 (棟) 154
軽 傷(人) 87 一部破損 (棟) 147
土木関係
被害
(県管理
施設)
河 川  (箇所) 551 床上浸水 (棟) 22,078
砂 防  (箇所) 168 床下浸水 (棟) 39,728
道 路  (箇所) 225 土木関係
被害
(市町村
管理施設)
河  川 (箇所) 576
港 湾  (箇所) 4 道  路 (箇所) 2,461
漁 港  (箇所) 2 港  湾 (箇所) 1
橋りょう (箇所) 2 漁  協 (箇所) 6
都市施設 (箇所) 33 橋りょう (箇所) 10
農地関係
被害
農  地        (箇所)
             (ha)
678 都市施設 (箇所) 766
112 農業被害 施設
被害
共同利用施設(件) 5
農業用
施設
た め 池 (箇所) 21 非共同利用施設(件) 14
頭 首 工 (箇所) 67 地方公共団体施設(件) 3
水   路 (箇所) 187 農作物等
被害
水   稲   (ha) 1,653
揚 水 機 (箇所) 24 雑穀・いも・豆類(ha) 265
道   路 (箇所) 133 野   菜   (ha) 861
橋   梁 (箇所) 2 果   樹   (ha) 164
農地保全施設(箇所) 3 花   き   (ha) 4
集落配水施設(箇所) 1 樹   体   (ha) 12
林業被害 崩壊地 (箇所) 151 家 畜 等    (件) 8
林道被害(箇所) 305 水産業
被害
共同利用施設 (千円) 853
林産施設(箇所) 1 非共同利用施設(千円) 5,500
林産物 (箇所) 1 漁   船   (隻) 13
商工関係被害 (千円) 240,734,010 養殖施設   (千円) 18,905
衛生関係
被害
災害廃棄物発生量(トン) 約81,400 養 殖 物  (千円) 56,474
医療施設   (施設数) 109 文教関係
被害
学校施設  (件) 175
社会福祉施設 (施設数) 93 文 化 財 (件) 19
社会教育施設(件) 15
社会体育施設(件) 38
給食施設  (件) 6


地上天気図
地上天気図  (平成12年9月11日21時)
 9月10日〜12日にかけて、日本海を南下した秋雨前線は、東北地方から山陰沖の日本海沿岸に停滞した。
 一方、台風第14号は11日9時には大型で強い勢力を保ちながら、南大東島の南南東の海上をゆっくり北西に進んだ。 この台風からの暖かく湿った空気が多量に流れ込んで、前線の活動が活発となった。



気象衛星による赤外画像 (平成12年9月11日19時)
 気象衛星の雲画像図をみると、前線の南側の東海地方で積乱雲が発達しているのが確認できる。