奈良地方気象台ホームページ ホーム>奈良県の地震災害

奈良県の地震災害

1 はじめに

 地球は卵の殻のように、プレートと呼ばれる厚さ数10kmの岩盤で覆われています。このプレートは大小10数枚に分かれていて、年間数cmの速さで移動しています。このプレート活動により地下には歪(ひずみ)が蓄積されます。岩盤が歪エネルギーに耐えられなくなって破壊され、その衝撃波が放出・伝播していく現象が地震です。
 奈良県に被害を及ぼす地震は、2つのタイプに大別できます。一つは内陸活断層による地表から20km位までの浅い内陸直下型地震(プレート内地震)、もう一つはプレート境界域でのフィリピン海プレートの沈み込みによる40kmから70kmの深さの海溝型地震(プレート間地震)です。
 地震による被害を軽減するためには、大地震に対する理解を深め、十分な対策をとることが肝要です。

2 海溝型地震(プレート間地震)

日本周辺のプレート

 日本の周辺では4枚のプレートが接していて、海側の太平洋プレートとフィリピン海プレートが陸側の北米プレートとユーラシアプレートの下に沈み込んでいます(右図)。海溝型地震とは、陸と海のプレートの押し合う力によって断層面が破壊されることにより発生する地震です。

海溝型地震発生のメカニズム

(1)陸側のプレートの下に海側のプレートが沈み込み、陸側のプレートの先端部が引きずり込まれ歪が蓄積されます。

(2)この歪が限界を超えたとき、いっきに陸側のプレート先端部が跳ね上がります。このときに衝撃波が放出・伝播し地震が発生します。また、海では津波が発生します。

  

プレート間地震発生のしくみ


 海溝型大地震の活動間隔は、数十年から数百年くらいといわれており、地震の規模や震源地によっては近畿の内陸部にも強い地震動をもたらすとともに、沿岸部で巨大津波が発生します。
 今世紀前半にも発生するとされている南海地震、東南海地震はこのタイプの地震で、甚大な被害が予想されます。
 南海地震とは、南海トラフ沿いのフィリピン海プレートが陸側のプレートの下に沈み込むことに伴う、紀伊半島南端から土佐湾までの地域で発生する地震です。東南海地震とは、同じ南海トラフ沿いで遠州灘西部から紀伊半島南端までの地域で発生する地震です。

東南海と南海地震による想定震度分布
  東南海と南海地震による想定震度分布
 近年に起きたものとしては、1944年(昭和19年)の東南海地震、1946年(昭和21年)の南海地震があります。この2つの地震では、強い揺れや大きな津波により、2500名余りの死者がでています。
 政府の中央防災会議(平成15年12月)では、今後想定される東南海・南海地震が同時に発生した場合の震度分布(右図)について検討しました。それによると、遠州灘西部から四国沖までの沿岸部の所々で震度7、奈良県でも南部の一部で震度6弱、人口の多い北西部でも震度5強の強い揺れが想定されています。

3 内陸直下型地震(プレート内地震)

マグニチュードと断層長
マグニチュード 断層長(km)
3 0.5
4 1.6
5 5
6 16
7 50
8 160
9 500
 内陸直下型地震とは、過去に断層面運動を起こした活断層といわれる断層面の活動(ずれ)に伴う地震動です。この地震が都市部の直下で発生した場合は甚大な災害が発生します。阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)はこのタイプの地震です。
 この断層運動は、地下の断層面の岩盤に新たに蓄えられた歪のエネルギーが開放された際に、断層面がずれ動くことによります。
 マグニチュード(M)と断層の長さを右の表に示します。Mが1大きくなると断層の長さはおよそ3倍になります。
 こうした活断層の活動間隔は、一般的には数千年以上から数万年で、海溝型地震に比べるとかなり長いですが、一旦発生するとその活断層を中心に局地的に大地震となり、甚大な被害が発生することがあると予想されています。

4 奈良県の活断層

 奈良県のある紀伊半島では、地質構造上、南西日本を内帯と外帯に区分する中央構造線がほぼ東西に横切っています。この構造線を境に、県北部では活断層の分布密度が高く、過去の内陸地震の痕跡を多く残しています(下図)。
 活断層が集中する県北部の奈良盆地には、京都盆地から南に延びる東部断層帯と、金剛山地東縁から中央構造線に続く南西部活断層があります。

奈良県の主な活断層
活断層名 断層の長さ(km)
1.奈良盆地東縁断層帯 35
2.中央構造線断層帯 74
3.生駒断層帯 38
4.木津川断層帯 31
5.あやめ池撓曲-松尾山断層 20
6.大和川断層帯 22
7.千股断層 22
8.名張断層 18
クリックで拡大
奈良県の主な活断層
奈良県ホームページより

5 奈良県の被害地震

 日本は世界でも有数の地震多発国です。奈良県には古くから都がおかれ、古文書などからも多くの地震による被害記録が残っています。太平洋戦争後も1946年(昭和21年)南海地震、1952年(昭和27年)吉野地震、1995年(平成7年)兵庫県南部地震などの被害を受けてきました。

宝永地震:1707年10月28日(宝永4年10月4日)、マグニチュード(M)=8.4
 南海トラフを震源とする我が国の地震史上最大級の海溝型巨大地震の一つで、震害と津波被害は東海道から九州まで及び、全国の死者は少なくとも2万人とされています。
 奈良県での被害は死者63名、潰家3219戸と記されています。

伊賀上野地震:1854年7月9日(嘉永7<安政1>年6月15日)、マグニチュード(M)=7.3
 三重県西部を震源とする内陸直下型地震で、伊賀・伊勢・大和に大きな被害をもたらしました。
 死者は千数百人、奈良県でも450から520人となっています。


奈良県に被害をもたらした地震(1930年以降の主な地震)
発生年月日 マグニチュード 発生地域(地震名)
1936年 (昭和11年) 2月21日 6.4 大阪・奈良府県境(河内大和地震)
1944年 (昭和19年) 12月7日 7.9 熊野灘(東南海地震)
1946年 (昭和21年) 12月21日 8.0 南海道沖(南海地震)
1952年 (昭和27年) 7月18日 6.8 奈良県中部(吉野地震)
1962年 (昭和37年) 1月4日 6.4 紀伊水道
1995年 (平成7年) 1月17日 7.3 淡路島付近(兵庫県南部地震)
2000年 (平成12年) 10月31日 5.7 三重県中部
2004年 (平成16年) 9月5日 6.9 紀伊半島沖
2004年 (平成16年) 9月5日 7.4 東海道沖

6 地震に関するホームページ

気象庁
知識・解説(地震・津波)
被害地震の資料
文部科学省・地震調査研究推進本部
南海トラフの地震の長期評価(第二版 平成25年5月24日公表)
京都盆地-奈良盆地断層帯南部(奈良盆地東縁断層帯)の評価
ホームへ戻る