文字のサイズを変更できます:小さい文字サイズ|標準の文字サイズ|大きい文字サイズ このページを印刷するこのページを印刷する 最終更新日:2018年01月10日
台長挨拶
メニュー
検索



powered by Google
ソフトウェア
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社のAdobe ReaderAdobe Flash Playerが必要なページがあります。 お持ちでない方は、上のアイコンをクリックして移動したサイトよりダウンロードしてください。
所在・お問い合わせ
(所在)
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1-2-1
新潟美咲合同庁舎2号館
9・10階
新潟地方気象台

(お問い合わせ・ご案内)
 
現在の場所: ホーム > 新潟県の気象・防災知識 > 新潟県の活火山

新潟県の活火山

【活火山について】

 「概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」を活火山といい、 我が国には現在111の活火山があります。 新潟県内には、新潟焼山(標高2,400m)と 妙高山(標高2,454m)の2つの活火山があります。

 平成21年(2009年)には、今後100年程度の中長期的な噴火の可能性及び社会的影響を踏まえ、「火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山」として、47の火山が 火山噴火予知連絡会によって選定されました。 新潟県内では新潟焼山が選定されています。

 さらに、2014(平成26)年11月、火山噴火予知連絡会のもとに設置された「火山観測体制等に関する検討会」においてとりまとめられた 「御嶽山の噴火災害を踏まえた活火山の観測体制の強化に関する緊急提言」により、 3火山が追加されました。

 これら50の火山 の選定を受けて、気象庁では、噴火の前兆を捉えて噴火警報等を適確に発表するために、地震計、傾斜計、空振計、GPS観測装置、遠望カメラ等の観測施設を整備し、関係機関(大学等研究機関や自治体・防災機関)からのデータ提供も受け、 火山活動を24時間体制で常時観測・監視しています。

【噴火警報と噴火警戒レベル】

 気象庁では、全国111の活火山について、これらの観測・監視の成果を用いて火山活動の評価を行い、居住地域や火口周辺に危険を及ぼすような噴火の発生や拡大が予想された場合には、「警戒が必要な範囲」(この範囲に入った場合には生命に危険が及ぶ)を明示して 噴火警報を発表します。

 また、噴火警戒レベルを運用している火山では、噴火警戒レベルを噴火警報及び噴火予報の中で発表します。 新潟焼山では、平成23年(2011年)3月31日から噴火警戒レベルの運用を開始しました。

【新潟県の活火山】

【新潟県周辺の活火山】

【参考資料】