文字のサイズを変更できます:小さい文字サイズ|標準の文字サイズ|大きい文字サイズ このページを印刷するこのページを印刷する 最終更新日:2018年01月10日
メニュー
検索



powered by Google
ソフトウェア
Adobe Reader

このサイトには、Adobe社のAdobe ReaderAdobe Flash Playerが必要なページがあります。 お持ちでない方は、上のアイコンをクリックして移動したサイトよりダウンロードしてください。
所在・お問い合わせ
(所在)
〒950-0954
新潟県新潟市中央区美咲町1-2-1
新潟美咲合同庁舎2号館
9・10階
新潟地方気象台

(お問い合わせ・ご案内)
 
現在の場所: ホーム > 新潟県の気象・防災知識 > 新潟県の気候変化の特徴



新潟県のこれまでの気候変化、将来の予測

 東京管区気象台は、2016年3月に「気候変化レポート2015 -関東甲信・北陸・東海地方-」を発行し、関東甲信・北陸・東海地方の都県別のこれまでの気候変化とともに、将来の予測について掲載しています。  ここでは、新潟県のこれまでの気候変化、将来の予測について紹介します。将来の予測は温室効果ガスの排出シナリオが中レベルの場合です。
 なお、温室効果ガスの排出シナリオが高レベルの場合の将来の予測については、日本を7ブロックに分け「地球温暖化情報 第9巻」として2017年3月に公表しています。新潟県の予測はまとまり次第このページに掲載します。

目次

関係項目

新潟県のこれまでの気候の長期変化

  1. 年平均気温

     新潟地方気象台(以下、新潟市)、高田特別地域気象観測所(以下、上越市)、相川特別地域気象観測所(佐渡市)とも上昇傾向で、100年あたり0.8℃~1.6℃の上昇となっています。

    新潟市の年平均気温の経年変化
    上越市の年平均気温の経年変化
    佐渡市の年平均気温の経年変化

    ▲このページの目次に戻る

  2. 真夏日(最高気温が30℃以上の日)日数の長期変化

     上越市の変化傾向はありません。

     新潟市・佐渡市は観測場所の移転(グラフ中の印)があり、移転前後のデータが均質でないため、変化傾向は示していません。また、印前後の5年移動平均値は示していません。

    新潟市の真夏日日数の経年変化
    上越市の真夏日日数の経年変化
    佐渡市の真夏日日数の経年変化

    ▲このページの目次に戻る

  3. 猛暑日(最高気温が35℃以上の日)日数の長期変化

     上越市は増加傾向で、10年あたり0.4日の増加となっています。

     新潟市・佐渡市は観測場所の移転(グラフ中の印)があり、移転前後のデータが均質でないため、変化傾向は示していません。また、印前後の5年移動平均値は示していません。

    新潟市の猛暑日日数の経年変化
    上越市の猛暑日日数の経年変化
    佐渡市の猛暑日日数の経年変化

    ▲このページの目次に戻る

  4. 熱帯夜(最低気温が25℃以上の日)日数の長期変化

     上越市は増加傾向で、10年あたり0.3日の増加となっています。

     新潟市・佐渡市は観測場所の移転(グラフ中の印)があり、移転前後のデータが均質でないため、変化傾向は示していません。また、印前後の5年移動平均値は示していません。

    新潟市の熱帯夜日数の経年変化
    上越市の熱帯夜日数の経年変化
    佐渡市の熱帯夜日数の経年変化

    ▲このページの目次に戻る

  5. 冬日(最低気温が0℃未満の日)日数の長期変化

     上越市は減少傾向で、10年あたり3.8日の減少となっています。

     新潟市・佐渡市は観測場所の移転(グラフ中の印)があり、移転前後のデータが均質でないため、変化傾向は示していません。また、印前後の5年移動平均値は示していません。

    新潟市の冬日日数の経年変化
    上越市の冬日日数の経年変化
    佐渡市の冬日日数の経年変化

    ▲このページの目次に戻る

  6. 年降水量の長期変化

     上越市は減少傾向で、100年あたり344.6ミリの減少となっています。新潟市、佐渡市の変化傾向はみられません。

    新潟市の年降水量の経年変化
    上越市の年降水量の経年変化
    佐渡市の年降水量の経年変化

    ▲このページの目次に戻る

  7. 年降雪量の長期変化

     (2005年10月に降雪量の観測方法を変更しており、長期変化傾向は示していません。)

    新潟市の年降雪量の経年変化
    上越市の年降雪量の経年変化
    佐渡市の年降雪量の経年変化

    ▲このページの目次に戻る

  8. 最深積雪の長期変化

     新潟市・上越市・佐渡市とも減少傾向が見られ、10年あたり2.5cm~14.8cmの減少となっています。

    新潟市の最深積雪の経年変化
    上越市の最深積雪の経年変化
    佐渡市の最深積雪の経年変化

    ▲このページの目次に戻る

  9. 雷日数の長期変化

     新潟市では増加傾向がみられ、10年あたり2.7日の増加となっています。また、新潟市では年間の約4割を冬季に観測していますが、冬季も増加傾向がみられ、10年あたり1.7日の増加となっています。

     上越市と佐渡市では2007年10月に特別地域気象観測所に移行し(グラフ中の印)雷の観測を行っていません。このため、長期変化傾向は示していません。

    新潟市の雷日数の経年変化
    新潟市の冬季(12月~2月)の雷観測日数の経年変化
    上越市の雷日数の経年変化
    佐渡市の雷日数の経年変化

    ▲このページの目次に戻る

  10. 霧日数の長期変化

     新潟市:減少傾向がみられています。

     上越市、佐渡市は2007年10月に特別地域気象観測所に移行し(グラフ中の印)、機械による観測に移行しています。このため、長期変化傾向は示していません。

    新潟市の霧日数の経年変化
    上越市の霧日数の経年変化
    佐渡市の霧日数の経年変化

    ▲このページの目次に戻る

  11. 新潟市のさくらの開花日の長期変化

     新潟市のさくらの開花は早まる傾向がみられ、50年あたり約5日早くなっています。
    新潟市のさくらの開花日の経年変化
    新潟市のさくらの開花日の経年変化(2014年まで)

    ▲このページの目次に戻る

  12. 新潟市のかえでの紅葉日の長期変化

     新潟市のかえでの紅葉は遅くなる傾向がみられ、50年あたり約12日遅くなっています。
    新潟市のかえでの紅葉日の経年変化
    新潟市のかえでの紅葉日の経年変化(2014年まで)

    ▲このページの目次に戻る


  • 平年値とは何ですか?

     平年値は、その時々の気象(気温、降水量、日照時間等)や天候(冷夏、暖冬、少雨、多雨等)を評価する基準として利用されると共に、 その地点の気候を表す値として用いられています。平年値は西暦年の1位が1の年から数えて、連続する30年間について算出した累年平均値をいい、 これをその統計期間に引き続く10年間使用し、10年ごとに更新していて、現在は1981~2010年(昭和56年~平成22年)の観測値に基づいた平年値を使用しています。
     ちなみに、平年値の統計期間が30年間なのは世界気象機関(WMO)の技術規則に基づいており、欧米や日本など多くの国では、気候変動や観測地点の変化等を考慮して、10年ごとに更新しています。

    ▲このページの目次に戻る

新潟県の気候変化の将来(2076年~2095年)の見通し
  1. 平均気温の変化予測

    平均気温は概ね3℃程度上昇と予想されています。季節別には秋と冬に上昇幅が大きい傾向が見られます。
    新潟県の平均気温の変化

    ▲このページの目次に戻る

  2. 真夏日日数の変化予測

    真夏日日数は年間で30日程度増加すると予想されています。
    新潟県の真夏日日数の変化

    ▲このページの目次に戻る

  3. 猛暑日日数の変化予測

    猛暑日日数は年間で7日程度増加すると予想されています。
    新潟県の猛暑日日数の変化

    ▲このページの目次に戻る

  4. 熱帯夜日数の変化予測

    熱帯夜日数は年間で30日程度増加すると予想されています。

  5. 冬日日数の変化予測

    冬日日数は年間で40日程度減少すると予想されています。
    新潟県の冬日日数の変化

    ▲このページの目次に戻る

  6. 降水量の変化予測

    降水量は変動が大きく、春の有意な増加以外の明確な変化は見られません。
    新潟県の降水量の変化

    ▲このページの目次に戻る

  7. 1時間降水量50mm以上回数の変化予測

    1時間50mm以上の回数は夏を中心に年でも増加すると予想されています。
    新潟県の1時間降水量50mm以上回数の変化

    ▲このページの目次に戻る

  8. 最深積雪の変化予測

    最深積雪は減少すると予想されています。
    新潟県の最深積雪の変化

    ▲このページの目次に戻る

  9. 降雪量の変化予測

    降雪量は減少すると予想されています。
    新潟県の降雪量の変化

    ▲このページの目次に戻る