トップページ サイトマップ



予報(土砂災害警戒情報など)、警報・注意報についての解説
岡山地方気象台が発表する警報・注意報は次のとおりです。注意報は災害が発生するおそれがある場合に、警報は重大な災害が発生するおそれのある場合に発表します。また、必要に応じてこれらを補う「気象情報」を発表しますので最新の気象情報をご利用下さい。
岡山県の警報・注意報発表基準一覧表 岡山県の予報、警報・注意報の発表区分
岡山県の大雨警報・注意報の土壌雨量指数基準値
予報、警報・注意報に使用する時間表現
土壌雨量指数について
流域雨量指数について
土砂災害警戒情報について
  土砂災害警戒情報発表のパンフレット(PDFファイル) 土砂災害から身を守るためのパンフレット(PDFファイル)


警報・注意報の一般的な解説

注意報名 内容
暴風雪警報

風雪注意報

雪を伴う暴風(強風)による災害が予想されるとき。 暴風(強風)に雪を伴うことから視界が悪く、路面が凍結するおそれがあります。
暴風警報

強風注意報

暴風(強風)による被害が予想されるとき。 県内では一般的な暴風(強風)のほか奈義山麓で局地的に吹く広戸風に注意が必要です。
波浪警報

波浪注意報

風浪、うねりにより災害が予想されるとき。 風による高波が発生する場合に発表します。
高潮警報

高潮注意報

高潮による被害が予想されるとき。 干拓地など海抜の低い土地が多いので注意が必要です。河川が増水している場合や、満潮時には海岸や河口に近づかないで下さい。
大雨警報

大雨注意報

大雨による地面現象(山崩れがけ崩れ等)や浸水により被害が予想される場合。 これらの警報・注意報は重大な災害が発生しやすいため、最新の気象情報に注意してください。
特に記録的短時間大雨情報を発表した場合は、尋常でない大雨が降っていますので厳重な警戒が必要です。
洪水警報

洪水注意報

大雨、長雨、融雪などで河川が増水して堤防、ダム等が損傷を受け(破堤、溢水を含む)浸水による災害が予想される場合。
大雪警報

大雪注意報

大雪による災害が予想されるとき。 南部は積雪に不慣れなため、路面が白くなった程度でも注意が必要です。
雷注意報 落雷または雷に伴うひょう突風などによる災害が予想される場合。 県内では夏季に熱雷(夕立)が発生しやすいため頻繁に発表します。
乾燥注意報 空気が乾燥し、火災の危険が大きいと予想される場合。 冬季から春先は空気が乾燥しやすく、特に南部は降水量が少ないため、何日間か連続して発表することが多いです。火の取り扱いに注意してください。
濃霧注意報 濃霧のため、交通機関に著しい障害が起こると予想される場合。 秋から冬にかけて内陸部で放射霧がよく発生します。
霜注意報 晩霜によって、農作物に著しい被害が予想される場合。 春先の晩霜に対して発表します。通常の霜では発表しません。
なだれ注意報 なだれによる災害が予想される場合。 積雪が深い地域では、気温の上昇や降水で発生しやすくなります。
低温注意報 低温のため農作物などに著しい被害が予想される場合。冬季の水道管の凍結・破裂による著しい被害が予想される場合。 通常より最低気温がかなり低くなりますので、路面の凍結などにも注意が必要です。
着雪注意報 着雪または着氷が著しく、通信線や送電線などに被害が起こるおそれがある場合。 県内では一般的ではありませんが、湿った雪が大量に電線に付着すると停電などの被害が発生します。