トップページ サイトマップ

気象証明・鑑定について


  • 気象証明・鑑定とは?

     気象庁では、観測の結果や警報・注意報の発表状況について、その事実を認める「気象証明」と、観測資料をもとに自然現象を推定する「気象鑑定」を行っています。

      例えば、「岡山市北区桑田町1-36における○月○日○時の気温」については、その場所に岡山地方気象台の観測地点がありますので気象証明を発行し、「倉敷駅前における○月○日○時の天気」については、倉敷駅前に観測点がありませんので、気象鑑定を発行することになります。
     これらの証明・鑑定は、自然災害に遭った場合の保険請求や海難審判の資料等に利用されています。
     なお、気象庁本庁では、各気象台の管轄外の海上におけるものや、広い範囲にまたがる場合の気象鑑定等を扱っています。

    ※保険会社への保険金の請求の際に使われることが多いですが、保険会社によっては気象観測原簿のコピーでも可というところがありますので、事前に保険会社にご確認されることをお勧めします。
  • 証明・鑑定を受けるためには?
     
    1.  まず、証明・鑑定を受けようとする事実について、最寄りの気象台、測候所にお問合せ下さい。担当の官署や、証明・鑑定の区別について御相談させていただきます。
       
    2.  御相談させていただいた内容に基づき、証明・鑑定を受けようとする事実、目的、必要通数などを記載した「証明・鑑定依頼書」を記入・提出していただきます。
       「証明・鑑定依頼書」はこちら(新しいウィンドウで表示)からダウンロードできます。
       また、「依頼書」は80円切手を貼った返信用封筒を同封してお送りいただければ郵送します。
       依頼書の記入例については、こちら(新しいウィンドウで表示)を参照して下さい。

       郵送による手続きのほか、e-Gov電子申請システム(電子政府の総合窓口)によるオンラインでの手続きも可能です。

    3.  証明・鑑定依頼書を提出の際には、手数料が必要ですので、必要分の収入印紙を購入して依頼書とともに提出してください。
       ・気象証明:1通(5枚まで)5,300円 5枚を超える場合は5枚ごとに5,300円必要です。
       ・気象鑑定:1通(5枚まで)7,900円 5枚を超える場合は5枚ごとに7,900円必要です。
       インターネットを利用した場合には、手数料は次のとおりです。
       ・気象証明:1通(5枚まで)5,200円 5枚を超える場合は5枚ごとに5,200円必要です。
       ・気象鑑定:1通(5枚まで)7,800円 5枚を超える場合は5枚ごとに7,800円必要です。

    4.  依頼書を受け付け後、2週間程度で証明・鑑定書を発行します。証明・鑑定書は郵送でもお届けします。郵送を御希望される場合は、依頼書を提出する際に430円切手を貼った返信用封筒を添えて下さい。簡易書留でお送りします。

  • お問合せ先
      岡山地方気象台 防災管理官室
      〒700-0984 岡山市北区桑田町1-36(岡山地方合同庁舎5階)
       電話:086-223-1334