トップページ サイトマップ

  気象庁ロゴマーク 岡山地方気象台の紹介 岡山地方気象台
Okayama Local Meteorological Office


北緯 34°41分09秒
東経 133°55分31秒
気象官署海面上の高さ 5.3m
気圧計海面上の高さ 7.0m
温度計地上の高さ 1.5m
降雨計地上の高さ 1.3m
風向風速計地上の高さ 69.9m

岡山地方気象台の沿革

1890(明治23)年11月15日  岡山市内山下の旧岡山城郭内に「岡山県立測候所」として開設されました。これが岡山県における気象業務の始まりです。
1896(明治29)年 6月 1 日  岡山市内山下58番地に移転しました。
1938(昭和13)年10月 1 日  国営移管となり、「岡山測候所」と改称されました。
1949(昭和24)年 4月16日  岡山市津島桑の木町に移転し業務を開始しました。
1957(昭和32)年 9月 1 日  「岡山地方気象台」と改称されました。
1982(昭和57)年10月 1 日  現在の場所(岡山市桑田町1-36 岡山地方合同庁舎 5階)に移転しました。
2015(平成27)年3月 5 日  露場を岡山大学に移設しました。

業務紹介

業務・危機 管理官室  職員の人事、福利厚生や文書接受、庁内管理、国有財産管理、建築物営繕及び閲覧窓口、行政相談、広報や物品受払などの諸事務を担当しています。
防災管理官室  防災機関との連絡・対応を行い、気象情報の活用についての提言をしています。
 また、各種(過去の)気象資料の閲覧・照会に関する業務の他、気象証明・鑑定や気象業務についての解説・見学対応・講演を行い、気象知識の普及に努めています。
観測予報  管理官室  岡山県における気象・地震・津波・潮汐の観測と沿岸海域を含めた岡山県の天気予報(毎日5時、11時、17時に発表。)、注意報・警報などの発表をしています。