トップページ サイトマップ

津山特別地域気象観測所

北緯 35°03分52秒
東経 134°00分35秒
気象官署海面上の高さ 145.7m
気圧計海面上の高さ 147.8m
温度計地上の高さ 1.5m
降雨計地上の高さ 0.5m
風向風速計地上の高さ 12.2m
日照計地上の高さ 11.7m

観測装置


1943年(昭和18年)1月1日に津山市林田に開設され津山市を中心とした岡山県北部の気象観測と解説を行ってきた津山測候所は地域気象業務体制の効率化等のため無人化となり約60年の歴史に幕を閉じました。

2002年(平成14年)3月1日をもって「津山特別地域気象観測所」へと移行し観測業務等を自動化しました。津山の気象は新たに設置された機器により引き続き岡山地方気象台で遠隔観測されています。

過去の気象資料の閲覧、気象証明・鑑定等が必要な方は岡山地方気象台防災管理官室にて対応させて頂きますのでご了承願います。

 岡山地方気象台 防災管理官室(平日8:30~17:15)
  電話 086-223-1334


岡山県北部の天気予報 岡山県の週間天気予報
(市外局番)+177 0868-25-0177

津山特別地域気象観測所

津山特別地域気象観測所全景写真
(平成22年撮影)