雨の強さと降り方・風の強さと吹き方

気象庁が発表する防災気象情報では雨・風の強さを数値で表現しています。下記の表は「○○ミリの雨」、「○○メートル」の風等の表現を一般の方のイメージで表現したものです。
人の受けるイメージは個人差がありますので気候の穏やかな岡山県の人はご自分のイメージと異なっているかもしれません。この表を参考に気象台の発表する防災情報や自分のイメージを整理して雨・風の強さと災害発生との関係を整理しておくことが重要です。


雨の強さと降り方
1時間雨量 (ミリ) 予報用語 人の受けるイメージ 人への影響 屋 内
(木造住宅を想定)
屋外の様子 車に乗っていて 災害発生状況
10~20 やや強い雨 ザーザーと降る 地面からの跳ね返りで足元がぬれる 雨の音で話し声が良く聞き取れない 地面一面に水たまりができる   この程度の雨でも長く続く時は注意が必要
20~30 強い雨 どしゃ降り 傘をさしていてもぬれる 寝ている人の半数くらいが雨に気がつく ワイパーを速くしても見づらい 側溝や下水、小さな川があふれ、小規模の崖崩れが始まる
30~50 激しい雨 バケツをひっくり返したように降る 道路が川のようになる 高速走行時、車輪と路面の間に水膜が生じブレーキが効かなくなる(ハイドロプレーニング現象) 山崩れ・崖崩れが起きやすくなり危険地帯では避難の準備が必要
都市では下水管から雨水があふれる
50~80 非常に激しい雨 滝のように降る(ゴーゴーと降り続く) 傘は全く役に立たなくなる 水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる 車の運転は危険 都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合がある
マンホールから水が噴出する
土石流が起こりやすい
多くの災害が発生する
80~ 猛烈な雨 息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感ずる 雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要
【参考】
岡山市平坦地の例
 大雨注意報の1時間雨量基準値 30ミリ
 大雨警報の1時間雨量基準値   50ミリ

大雨注意報・警報は1時間雨量だけでなく土壌雨量指数も使用しています。
 岡山県内各市町村の大雨注意報の基準値はこちら大雨警報の基準値はこちらを参照して下さい。
災害の発生は一時的な雨の強弱だけでなく総雨量等、総合的な気象状況によって左右されます。気象台の発表する最新の防災気象情報をご利用ください。

風の強さと吹き方
平均風速 (m/秒) おおよその時速 風圧(kg重/m2) 予報用語 速さの目安 人への影響 屋外・樹木の様子 車に乗っていて 建造物の被害
10~15 ~50km ~11.3 やや強い風 一般道路の自動車 風に向って歩きにくくなる
傘がさせない
樹木全体が揺れる
電線が鳴る
道路の吹流しの角度、水平(10m/s)、高速道路で乗用車が横風にながされる感覚を受ける 取り付けの不完全な看板やトタン板が飛び始める
15~20 ~70km ~20.0 強い風 高速道路の自動車 風に向って歩けない
転倒する人もでる

小枝が折れる 高速道路では、横風に流される感覚が大きくなり、通常の速度で運転するのが困難となる ビニールハウスが壊れ始める
20~25 ~90km ~31.3 非常に強い風(暴風) しっかりと身体を確保しないと転倒する 車の運転を続けるのは危険な状態となる 鋼製シャッターが壊れ始める
風で飛ばされた物でガラスが割れる
25~30 ~110km ~45.0 立っていられない
屋外での行動は危険
樹木が根こそぎ倒れはじめる ブロック塀が壊れ、取り付けの不完全な屋外外装材がはがれ、飛び始める
30~ 110km~ 45.0~ 猛烈な風 特急列車 屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる
【参考】
 陸上の強風注意報基準値 12メートル(平均風速)
 陸上の暴風警報基準値   20メートル(平均風速)

風の強さは周囲の地形や建築物等の影響を大きく受けます。また、瞬間的には平均風速の1.5~3倍の風が吹くことがあります。