大阪管内(近畿・四国・中国(除く山口県))の過去の被害地震について

<日本全国の過去の被害地震>
(気象庁ホームページへのリンク)

日本全国の過去の被害地震(1995年以前)

日本全国の過去の被害地震(1996年以降)

大阪管内は南は太平洋、北は日本海に面しています。

太平洋側には南海トラフが広がっています。この南海トラフとは、日本列島が位置する大陸のプレートの下に、海洋プレートのフィリピン海プレートが南側から年間数cmの割合で沈み込んでいる場所です。この沈み込みに伴い、2つのプレートの境界にはひずみが蓄積されています。過去、南海トラフでは約100~200年の間隔で蓄積されたひずみを解放する大地震が発生しており、近年では、昭和東南海地震(1944年)、昭和南海地震(1946年)がこれに当たります。昭和東南海地震及び昭和南海地震が起きてから70年以上が経過しており、南海トラフにおける次の大地震発生の可能性が高まってきています。

日本海側では、過去に日本海東縁部で発生した大地震に伴う津波により、沿岸域で被害を受けたことがあります。

また、内陸では多くの活断層が見つかっています。一方で見つかっていない断層も存在しますので、どの地域にお住まいの方も日頃の備えを十分に行う必要があります。

明治以降、大阪管内で大きな被害を及ぼした地震・津波

発生年月日
(*1)
地震名、震央地名 死者
行方不明者
負傷者 など(*2)
津波 最大震度 最大震度を観測した観測点(地方、市町村)
昭和19(1944)年12月7日 7.9 東南海地震 死・不明 1,183 あり 6 静岡県 御前崎市、三重県 津市
昭和21(1946)年12月21日 8.0 南海地震 死・不明 1,443 あり 5 和歌山県 串本町 など17点
平成7(1995)年1月17日 7.3 兵庫県南部地震
(阪神・淡路大震災)

※リンクをクリックすると特設サイトに移動します
死者 6,434
不明 3
あり 7 神戸市等阪神淡路地域
平成30(2018)年6月18日 6.1 大阪府北部
※リンクをクリックすると特設サイトに移動します
死者 6
負傷 462
6弱 大阪府 大阪市、高槻市、吹田市、茨木市、箕面市

*1 地震の規模(マグニチュード)

*2 被害数は、日本被害地震総覧による。ただし兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、大阪府北部の地震は総務省消防庁の資料による。
死者・行方不明者の合計数を記載する場合は「死・不明」としている。

震央分布図

期間:1919年~2020年、M≧6.0、深さ≦100km、吹き出しは上表に掲載の地震、橙線は地震調査研究推進本部による活断層】