ホーム > 天気・気候 > 気象情報等で引用する過去事例

気象情報等で引用する過去事例

 気象台では、過去事例と同様な雨が降ること等により、甚大な災害が発生するおそれがあり、過去に大きな災害をもたらした事例を引き合いに出さないといけないほど危機感を持っている場合、気象情報や記者会見等で過去事例を引用し警戒を呼びかけます。
 近畿地方で引用する過去事例の資料を掲載しています。これらは、過去の災害を調べ代表的な事例として選んでいます。引用する過去事例については、今後も必要に応じて見直しを行います。

  • 平成30年(2018年)台風第21号(PDF:950KB)記録的な暴風・高潮
    • 台風は、非常に強い勢力で徳島県南部に上陸し、その後、神戸市付近に再上陸。
    • 近畿地方では猛烈な風を観測し、大阪市や神戸市では過去の最高潮位を超える値を観測。
  • 平成30年(2018年)7月豪雨(PDF:728KB)京都府、兵庫県で特別警報
    • 前線や台風の影響により、西日本を中心に全国的に広い範囲で記録的な大雨。
    • 岐阜、京都、兵庫、岡山、鳥取、広島、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎の1府10県に特別警報を発表。
  • 平成23年(2011年)台風第12号(PDF:600KB)紀伊半島大水害
    • 台風は、発達しながらゆっくりとした速さで北上し、高知県東部に上陸し、その後、岡山県南部に再上陸。
    • 総降水量は紀伊半島を中心に広い範囲で1000ミリを超え、山沿いを中心に広い範囲で記録的な大雨。
  • 平成16年(2004年)台風第23号(PDF:502KB)由良川、円山川、加古川、出石川で氾濫や決壊
    • 台風は、大型の強い勢力で高知県土佐清水市付近に上陸し、その後、高知県室戸市付近、大阪府南部に再上陸。
    • 兵庫県では円山川、出石川が、京都府では由良川が氾濫や決壊し浸水害が発生。

【参考】災害をもたらした気象事例