ホーム > 天気・気候 > 近畿地方における過去の天候

天気出現率

天気出現率

天気出現率は1981年から2010年までの30年間のデータにより計算しました。
(2月29日は省略しています。)

天気の決め方
1 雪、みぞれ、霧雪(注1)、細氷(注2)、ふぶきのいずれかを観測したときは雪
2 雪、みぞれ、霧雪、細氷、ふぶきは観測していないが、1日の降水量が1.0ミリ以上観測したときは雨
3 雪、みぞれ、霧雪、細氷、ふぶきは観測せず、1日の降水量が1.0ミリ未満で、日平均雲量が8.5以上のときは曇り
4 雪、みぞれ、霧雪、細氷、ふぶきは観測せず、1日の降水量が1.0ミリ未満で、日平均雲量が8.5未満のときは晴れ

注1、霧雪:ごく小さい白色で不透明な氷の粒の降水。直径は一般に1ミリより小さい。
注2、細氷:晴れた空から降ってくるごく小さな氷の結晶の降水。大気中に浮遊しているように見える。

彦根 舞鶴 京都 大阪 神戸
奈良 和歌山 鳥取 松江 岡山
広島 高松 徳島 松山 高知