ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 防災教育 > 学校防災教育の研修会

授業で使える!学校防災教育の研修会

 

札幌管区気象台では、学校における防災教育を支援・推進するために、「緊急地震速報を使った小学5年社会の単元『くらしを支える情報』の授業案に関する資料」などの防災の学習素材を紹介しています。
 気象台では、こうした資料を活用して授業を行う際の参考となるよう、教員の方を対象にした研修会を年2回(夏・冬)開催しています。

今回予定している研修会では、講演「命を守る防災教育」、地域と連携した防災学習の取り組み紹介、9月1日に北海道防災総合訓練の一環として札幌市立北郷小学校で実施した「1日防災学校」実践紹介、大雨防災についてのワークショップ「経験したことのない大雨 その時どうする?」を実施し、意見交換を行います。

開催日時等は下記のとおりですので、先生方のご参加をお待ちしております。

12月14日をもって定員に達したため、申し込みを締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。次回は夏休み中の開催を予定しております。

  • 日時:平成30年1月10日(水)09時30分~16時00分(開場:09時00分)
  • 場所:札幌管区気象台 (札幌市中央区北2条西18丁目2)
  • お問い合わせ:札幌管区気象台防災調査課 電話:011-611-6149
  • 申し込み:お電話またはFAXにて、平成30年1月5日(金)までにこちらのご案内の2枚目に必要事項をご記入いただき送信願います。
  • ※開催日当日、自然災害発生等により中止になる場合もあります。
  •     
 

研修会案内リーフレット及び申込用紙

リーフレットの裏面が申込用紙となっています。

クリックすると、印刷用のPDFファイルでご覧いただけます(PDFファイル:210KB)pdfファイルへのリンクです

リーフレット

研修会の概要

これまでの実施した研修会の内容例をご紹介します。

  • 教育大による講演及び教員の防災授業実践報告
  • 気象等に関する参考資料の紹介
  • 防災教育に関するワークショップ
  • 気象台見学(希望者)
教育大による講演01 教育大による講演02
教育大による講演
ワークショップでの様子01 ワークショップでの様子02
ワークショップでの様子

参加した先生の声

  • 早速、気象庁ワークショップを実践して、子どもたちに命を守ることの大切さを伝えようと思いました。
  • 授業に活用しやすい教材・資料をHPに載せていただき、とてもうれしく思いました。
  • 学習関連資料を活用しています。これからも使っていきたいです。
  • 紹介された事例をすぐ学級で実践してみたいと思います。
  • 気象台と学校教育が深く結びついて防災教育に取り組んでいることをはじめて知りました。
  • 防災教育に対しての意識がとても高まりました。教科の中、そして日常生活の中で、防災に対する意識を教師、子どもとともに意識していく必要があると思いました。
  • 私たちが見てきたことをすぐにでも学校の先生方に伝えます!これは高学年ならなおさら参加すべき研修ですね。
Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。