出前講座

【お知らせ】
 新型コロナウイルス感染予防の観点から、当面の間、出前講座の受け入れを停止させていただきますので、ご了承願います。(2020年3月16日)


気象庁では、私達の行っている業務や気象・地震・火山・気候変動等についてもっと知って頂くとともに、みなさんのご意見やナマの声を聞かせていただく場として「出前講座」を行っています。


講師を派遣できる講座としては、台風や大雨による災害を防ぐために役立てていただくお話や、地震・火山による災害を軽減するための取り組みの紹介、地球温暖化についての最新の知見を紹介するもので、各種講演会や談話会、お天気教室、学校等へ職員を講師として派遣しています。

講師等の派遣は、公共性・公益性のある団体・機関等(市民団体、学校法人、地方公共団体等)が非営利を目的に主催する講演や防災イベント、また、文部科学省が進めている「総合的な学習の時間」などを対象としています。


前述の団体・機関等が主催するものでも会費を徴収する場合は、それが当該講座に必要な実費(会場費、テキスト印刷費等)である場合に限ります。


対象年齢は、小学校高学年からからお年寄りまで幅広い層を対象としています。

気象台の広報業務の一環として行いますので、「出前講座」にかかる講演料は頂きません(無料)。


ただし、出張にかかる旅費(交通費・宿泊費など)は原則として「国家公務員等の旅費に関する法律」に準じて依頼者側の負担となります。

講座は、原則として平日の勤務時間内(08:30~17:15)とさせていただきますが、やむを得ない事情の場合はご相談に応じます。


業務多忙等により講師が派遣できない場合や気象台からの移動が困難な場合はお断りすることがあります。


お申し込みは原則として講演希望日の1ヶ月半前までにお願いします。(資料作成など準備に1か月程度かかります。)

札幌管区気象台 総務部業務課 広報係
  〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西18丁目2
  TEL: 011-611-3217
  FAX: 011-644-9674