ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 案内・申請 > イベント情報 >カルチャーナイト2018 夜の気象台に行こう

カルチャーナイト2019 夜の気象台に行こう

7月19日(金) 夜の気象台を一般公開します

札幌管区気象台は、札幌市で開催されるカルチャーナイト2019外部のホームページへのリンクです。に参加します。

カルチャーナイトは、札幌市の公共・文化施設等を夜間開放し、市民が楽しむイベントです。 気象台では、天気、火山等を監視し警報等を発表している現業室や気球に観測機器をつけて空高く放つ高層気象観測を一般公開します。

当日は、謎解きスタンプラリー、天気図を使った工作などの催しを予定していますので、お誘いあわせの上、ご参加ください。

高層気象観測

開催日時

7月19日(金) 17時15分~20時45分

所在地: 〒060-0002 札幌市中央区北2条西18丁目2番地 → 気象台へのアクセス

駐車場はありません。駐輪場もスペースが限られておりますので、公共交通機関でお越しください。

※自然災害発生時は、防災業務を優先するため、一般公開を中止します。

イベントの概要

カルチャーナイト2019 夜の気象台に行ってみよう では、次のプログラムをご用意しています!詳細はリンク先(同一ページ内)をご覧ください。

はれるん謎解きスタンプラリー地震津波体験紙しばい「あの坂へいそげ」、「いのちのやくそく」現業室見学(屋内)観測機器(測器)の展示
 災害応急復旧に活躍する車の展示「プラ板で天気図ストラップを作ろう!!」
 はれるんの部屋高層気象観測の一般公開

はれるん謎解きスタンプラリー

気象台のあちこちにあるスタンプとキーワードを集めて、クイズに挑戦していただきます。

語り部 三浦 浩さんによる地震津波体験紙しばい

北海道南西沖地震の経験を語り継ぐ活動を行っている三浦 浩さんが、地震津波体験紙しばい「あの坂へいそげ」、「いのちのやくそく」を行います。

三浦浩さん

現業室の見学(屋内)

天気、火山等を監視し、天気予報、警報等を作成・発表している現業室を公開します。
 24時間休みなく働く気象台の仕事の生の現場を見学いただきます。
 当日は、パネル等を用意し、気象台の業務を分かりやすく紹介します。

現業室見学(火山センター)

観測機器(測器)の展示

屋外では気象(気温、湿度、雨、風、日照など)、屋内では火山(噴気や地表面の温度)等を観測する機器を展示します。
 実際に触って動かしてみることができる機器もあります。

測器展示

災害応急復旧に活躍する車の展示(協力 札幌開発建設部)

「照明車」 発動発電機・照明装置を搭載し、夜間作業における作業を支援します。

「対策本部車」 災害発生時における現地での応急対策の指揮や連絡など、現地対策本部機能を有します。

「待機支援車」 災害発生時において災害復旧に携わる人々を支援したり、現場で災害対策の指揮連絡等を行います。

照明車(札幌開発建設部)

「プラ板で天気図ストラップを作ろう!!」(協力 日本気象予報士会北海道支部)

中学生以下を対象に、プラ板に天気図を書いてストラップを作ります。天気図についてわかりやすくお話しするお天気教室も行います。

各回定員15名。当日配布する整理券が必要です。

実施時間:①17時45分~ ②18時45分~ ③19時45分~

整理券配布時間:①17時15分~ ②18時15分~ ③19時15分~

ストラップ例

はれるんの部屋

気象庁マスコットキャラクターの「はれるん」が遊びにきます!ぜひ一緒に記念撮影してくださいね。

はれるん

高層気象観測の一般公開(屋外)

上空の気温や風を観測する機器を気球で飛ばす高層気象観測を公開します。
  毎日2回(朝・晩)行っている観測ですが、当日は職員による解説を行います。

20時20分から説明開始。20時30分放球予定。

強風時は、安全のため見学を中止することがあります。(多少の風でも観測は実施します)

高層気象観測

リーフレット

クリックすると、印刷用のPDFファイルでご覧いただけます(PDFファイル:428KB)pdfファイルへのリンクです
リーフレット

お問い合わせ

札幌管区気象台 総務部業務課 広報係 011-611-3217

問い合わせ時間 平日 8:30~17:15 及び 7月19日(金)17:15~20:45(カルチャーナイト開催中)

リンク

カルチャーナイト2019外部のホームページへのリンクです。

カルチャーナイト2019|参加団体一覧外部のホームページへのリンクです。

注)末尾に別へのリンクホームページアイコンが付加されているものは外部のホームページへのリンクです。リンク先の内容については、それぞれの制作元にお問い合わせください。

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。