ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 天気 > 北海道の四季 > 秋(10月)

北海道の四季 秋(10月)

秋のロゴ
10月のロゴ
季節は秋から冬へと向かいます。 この頃から、冬用タイヤの準備など、少しずつ冬支度を始める人も多いでしょう。 峠越えをする場合は、冬の装備をした方が良いでしょう。
10月も後半になると、各地から初雪の便りが届き始めます。

各月へのリンク
気象カレンダー:10月1日はこんな日
 

10月の平年値

図をクリックすると拡大図を表示します。

北海道の10月最低気温平年値 北海道の10月最高気温平年値 北海道の10月降雪量平年値

紅葉

北海道は日本でいち早く秋が訪れるところです。一般的に、サクラの開花は南から北上しますが、紅葉は北海道から始まり南下していきます。カエデの紅葉は、日最低気温が8℃を下回る頃から始まり、5~6℃くらいになるとその色づきが進むといわれています。秋は次第に朝晩の冷え込みが厳しくなり、日中と夜の寒暖の差が大きくなるため、色鮮やかな紅葉となります。
 気象庁では生物季節観測の項目として、かえで(北海道ではヤマモミジなど)の紅葉した日や、イチョウの黄葉した日を毎年観測し統計を取っています。
生物季節観測のページ

支笏湖の紅葉
支笏湖の紅葉
紅葉
紅葉
 

てんさい

てんさいは、砂糖の主要原料でビート、砂糖大根などとも呼ばれます。寒さに強い作物であるため、日本では北海道だけで栽培されています。てんさいの生育に影響する気象条件のうち、気温が最も重要です。生育時期の夏の冷涼な気温が高い糖分をもたらすといわれています。北海道の中でも十勝平野や網走地方を中心にてんさいの栽培が盛んに行われています。
収穫は10月~11月で、産地では写真のような風景を見ることができます。
過去の気象データ検索気象庁ホームページへのリンクです。

音更町 てんさいの収穫の様子1
音更町 てんさいの収穫の様子1
音更町 てんさいの収穫の様子2
音更町 てんさいの収穫の様子2
(写真提供:北海道農政事務所)

帯広の気候グラフ

 

注)末尾に気象庁ホームページへのリンクのアイコンが付加されているものは気象庁ホームページ(http://www.jma.go.jp/)内のページへのリンクです。

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。