ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 天気 > 北海道の四季 > 春(3月)

北海道の四季 春(3月)

春のロゴ
3月のロゴ
気象庁の季節の区分では、3月は春です。 北海道でも徐々に気温が上がり、積もっていた雪も少しずつ解けてきますが、感覚的にはまだ冬です。また、下の降雪量の図を見るとわかるように雪の降る日もまだまだあります。 「もうすぐ春が来る」という気配を感じる、北海道の3月です。

各月へのリンク
気象カレンダー:3月1日はこんな日
 

3月の平年値

図をクリックすると拡大図を表示します。

北海道の3月最低気温平年値 北海道の3月最高気温平年値 北海道の3月降雪量平年値

海明けと流氷

海を覆っていた流氷が少なくなり、船舶が航行できるようになった最初の日を「海明け」といいます。 海明けの頃には流氷の下で植物プランクトンが一気に増殖し、これをえさにする動物プランクトンも増えるため、魚が群がり、漁場が豊かになります。 オホーツク海沿岸の各地では、3月頃に海明けを迎え、北の海に明るさと漁船と活気が戻ってきます。
海氷情報ページ
海氷の知識気象庁ホームページへのリンクです。
流氷に関する統計気象庁ホームページへのリンクです。(極値(最も早い・遅い日)など)

海明けした状態の網走港
船舶が航行できる状態(網走)(網走地方気象台職員撮影)
流氷が接岸した状態の網走港
流氷が接岸した状態
 

温泉、活火山

北海道には31の活火山(北方四島の11活火山を含む)があります。火山があるところには火山性の温泉があります。北海道には雄大な自然を楽しめる温泉がいくつもあります。特に冬の温泉は一味違います。大自然を肌で感じ、雪を見ながら入る露天風呂は格別です。
北海道では、3月でもまだ積雪があり雪も降るため、この時期でも雪見の露天風呂を楽しむことができます。
気象庁では、活動的な9火山について遠望カメラや地震計などで常時観測を行っており、居住地域などに影響を及ぼす噴火が予想される場合には噴火警報を発表しています。火山はひとたび噴火すると大きな被害が発生することもありますが、美しい景観や温泉、豊かな土壌など、様々な恵みももたらします。日頃の備えを怠らず噴火警報などの火山情報を利用し、火山とうまく付き合えるといいですね。
 北海道の活火山気象庁ホームページへのリンクです。
 火山活動解説資料気象庁ホームページへのリンクです。

恵山と遠望カメラ
3月の恵山と遠望カメラ
羊蹄山
羊蹄山
駒ケ岳
駒ケ岳
 

注)末尾に気象庁ホームページへのリンクのアイコンが付加されているものは気象庁ホームページ(http://www.jma.go.jp/)内のページへのリンクです。

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。