ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 天気 > 気象カレンダー > 1月13日の気象カレンダー

1月13日の気象カレンダー(2014年2月26日作成)

画像はクリックすると拡大して表示されます。

気象災害 (2004年1月13日)

低気圧で大雪と暴風雪
<低気圧による北海道地方の大雪と暴風雪  1/13~16>

1月13日朝、紀伊半島付近に低気圧が発生して三陸沖へ進み、夜には襟裳岬の南東海上に進みました。この低気圧に向かって3月上旬並の暖かく湿った空気の流入が強まったため急速に発達しました。そのため、1月13日夜から16日早朝にかけて北海道地方は全道的に大雪や暴風雪となり、特にオホーツク海側の北見地方では記録的な大雪となりました。そのため、道内では死者1名、負傷者15名、住家一部損壊47棟、停電13,509戸のなどの被害が発生したほか、全道的にJRの運休(880本)、航空機の欠航(465便)、フェリーの欠航(40便)、道路の通行止めや雪崩が発生し、交通機関は麻痺状態となり、物資の流通が大きく滞ったため、住民生活に非常に大きな影響を及ぼしました。さらに、農業被害13億2,684万円、水産業被害2億4,366万円など、農業や水産業にも大きな被害が出ました。
イメージ拡大
2004年1月14日午前9時の地上天気図

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。