ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 天気 > 気象カレンダー > 1月25日の気象カレンダー

1月25日の気象カレンダー(2014年2月26日作成)

画像はクリックすると拡大して表示されます。

旭川:極値 (1902年1月25日)

日最低気温:-41.0℃
(旭川の低い方から第1位の記録 ※統計期間:1888年 7月~2011年5月)
西高東低の気圧配置で強い寒気が入っているなか、24日夜から25日朝にかけて、風が弱く晴れたことにより放射冷却現象が起こり気温が著しく下がったことで日本の観測史上最低値を記録しました。
日本陸軍が青森県八甲田山で行った雪中行軍で、日本冬山登山史上もっとも多くの遭難者を出した八甲田雪中行軍遭難事故が発生したのもこの頃です。
また、日最低気温の極値の順位で、1位から6位を旭川が占めています。
日本最低気温の日・中華まんの日・ホットケーキの日は、日本の最低気温記録の観測日であることに因み制定されています。
イメージ拡大
1902年1月25日午前6時の地上天気図

網走:極値 (1902年1月25日)

日最低気温:-29.2℃
(網走の低い方から第1位の記録 ※統計期間:1890年 5月~2011年5月)
西高東低の気圧配置で強い寒気が入っているなか、24日夜から25日朝にかけて、風が弱く晴れたことにより放射冷却現象が起こり気温が著しく下がったことで日本の観測史上最低値を記録しました。
日本陸軍が青森県八甲田山で行った雪中行軍で、日本冬山登山史上もっとも多くの遭難者を出した八甲田雪中行軍遭難事故が発生したのもこの頃です。
また、日最低気温の極値の順位で、1位から6位を旭川が占めています。
日本最低気温の日・中華まんの日・ホットケーキの日は、日本の最低気温記録の観測日であることに因み制定されています。
イメージ拡大
1902年1月25日午前6時の地上天気図

帯広:極値 (1902年1月25日)

日最高気温:-16.2℃
(帯広の低い方から第1位の記録 ※統計期間:1892年 1月~2011年5月)
西高東低の気圧配置で強い寒気が入っているなか、24日夜から25日朝にかけて、風が弱く晴れたことにより放射冷却現象が起こり気温が著しく下がったことで日本の観測史上最低値を記録しました。
日本陸軍が青森県八甲田山で行った雪中行軍で、日本冬山登山史上もっとも多くの遭難者を出した八甲田雪中行軍遭難事故が発生したのもこの頃です。
また、日最低気温の極値の順位で、1位から6位を旭川が占めています。
日本最低気温の日・中華まんの日・ホットケーキの日は、日本の最低気温記録の観測日であることに因み制定されています。
イメージ拡大
1902年1月25日午前6時の地上天気図

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。