ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 天気 > 気象カレンダー > 3月12日の気象カレンダー

3月12日の気象カレンダー(2014年2月26日作成)

画像はクリックすると拡大して表示されます。

稚内:平年 (3月12日)

流氷終日
稚内の流氷終日平年値。
流氷終日…視界内の海面で最後に流氷が見られた日。

釧路:平年 (3月12日)

根雪:終日(終わりの日)
積雪継続期間が30日以上にわたるとき、その初日から終日までの期間のことを長期積雪(根雪)といいます。ただし、積雪継続期間が10日以上の期間が複数ある場合は、その間の無積雪期間が5日以内であれば、その期間を通じて積雪が継続したものとみなされます。

)1936年3月12日)
中谷宇吉郎が世界で初めて人工雪の作成に成功
この日、北海道帝国大学(現在の北海道大学)の教授であった中谷宇吉郎博士が世界で初めて人工雪を作ることに成功しました。中谷博士はどのような大気の状態(気温や湿度)の時に、どのような形の雪結晶が作られるかを調べ中谷ダイヤグラムと呼ばれるグラフを作成した他、「雪は天から送られた手紙である」という有名な言葉を残しています。
イメージ拡大
北海道大学構内にある人工雪誕生の地の碑(2009年1月撮影)

)1822年3月12日)
有珠山大噴火
3月9日から地震が増加し、12日に爆発を起こしました。
その後、活動をさらに強めながら23日には激しい振動・鳴動と共に火砕流が発生し、旧アブタ集落(今で言う入江付近)が全滅、多数の死傷者を出しました。
またこの噴火により地面が隆起し、オガリ山の潜在ドームを生成しました。

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。