ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 天気 > 気象カレンダー > 3月21日の気象カレンダー

3月21日の気象カレンダー(2014年2月26日作成)

画像はクリックすると拡大して表示されます。

帯広:平年 (3月21日)

根雪:終日(終わりの日)
積雪継続期間が30日以上にわたるとき、その初日から終日までの期間のことを長期積雪(根雪)といいます。ただし、積雪継続期間が10日以上の期間が複数ある場合は、その間の無積雪期間が5日以内であれば、その期間を通じて積雪が継続したものとみなされます。

旭川:極値 )2010年3月21日)

日最大風速:24.6m/s
(旭川の第1位の記録 ※統計期間:1888年7月~2011年5月)

旭川:極値 )2010年3月21日)

日最大瞬間風速:34.1m/s
(旭川の第1位の記録 ※統計期間:1942年5月~2011年5月)

網走:最早 )2009年3月21日)

根雪:終日(終わりの日)
(網走の最も早い記録 ※統計期間:1961年~2010年)
積雪継続期間が30日以上にわたるとき、その初日から終日までの期間のことを長期積雪(根雪)といいます。ただし、積雪継続期間が10日以上の期間が複数ある場合は、その間の無積雪期間が5日以内であれば、その期間を通じて積雪が継続したものとみなされます。

)2006年3月21日)
雌阿寒岳小噴火
ポンマチネシリ山頂の赤沼火口と北西側斜面で小規模な噴火が発生し、雌阿寒岳南東側で微量の降灰が観測されたほか、山頂北西側斜面でごく小規模な泥流が発生しました。
雌阿寒岳では2月18日から20日に振幅の小さな火山性地震が多発し、その後も地震回数がやや多い状態が続き、3月11日から12日に振幅の小さな火山性地震が再び多発していました。
火山活動解説資料(2/20)
火山活動解説資料(3/21)
火山活動解説資料(3/22) 

)1982年3月21日)
昭和57年(1982年)浦河沖地震
1982年(昭和57年)3月21日11時32分、浦河沖でM7.1の地震がありました。浦河で最大震度6を観測したのをはじめ、北海道と東北地方のほぼ全域及び関東・北陸地方の一部にかけての広い範囲で有感となりました。
震度分布図
イメージ拡大
震度分布図

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。