ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 天気 > 気象カレンダー > 7月15日の気象カレンダー

7月15日の気象カレンダー(2014年2月26日作成)

画像はクリックすると拡大して表示されます。

気象災害 )2006年7月15日)

平成18 年7 月豪雨
<平成18年7月豪雨 7/15~24>

7月15日から24日にかけて、九州から本州付近にのびた梅雨前線の活動が活発になり、長野県、鹿児島県を中心に九州、山陰、近畿、北陸地方の広い範囲で記録的な大雨となりました。このため、土砂災害や浸水害が発生し、死者が長野県で12名、鹿児島県で5名など27名となりました。
災害をもたらした気象事例(気象庁のHP)

)1888年7月15日)
磐梯山大爆発
磐梯山では数日前から地震が頻発し、その後7月15日7時45分ころ大爆発、山体の大半が崩壊したことで生じた大規模な岩屑流により山麓の村落を埋没し、461名が犠牲者となりました。
またこの噴火で、桧原湖や秋元湖を始めとするさまざまな湖沼が生じました。

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。