ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 天気 > 気象カレンダー > 8月1日の気象カレンダー

8月1日の気象カレンダー(2014年2月26日作成)

画像はクリックすると拡大して表示されます。

網走:極値 )1999年8月1日)

日最低気温:26.4℃
(網走の高い方から第1位の記録 ※統計期間:1890年 5月~2011年5月)
1999年7月下旬~8月は太平洋高気圧の勢力が東日本~北日本にかけ非常に強く、特に北海道では気温がかなり高くなりました。
8月1日は梅雨前線がサハリン南部から日本海北部を通っていたため、北海道へ非常に暖かい空気が入り、網走では最高気温が35.5℃、平均気温が29.5度、最低気温も26.4℃と北海道とは思えないほど暑い日となりました。
1999年8月の日ごとの観測データ(気象庁のHP)
イメージ拡大
1999年8月1日午前9時の地上天気図

気象災害 )1993年8月1日)

平成5年8月豪雨
<平成5年8月豪雨 7/31~8/29>

7月から8月にかけて日本付近に前線が停滞し、低気圧の通過や台風の接近に伴って、全国で大雨災害が発生した。このため、北海道内では、土砂崩れや河川のはん濫などが発生しました。
災害をもたらした気象事例(気象庁のHP)

釧路 )1889年8月1日)

観測開始
釧路地方気象台の前身となる釧路測候所(釧路国釧路町釧路郡)で気象観測を開始しました。
その後、4回の観測所の移転があり、2000年10月5日から現在の場所(釧路市幸町)で観測を続けています。
釧路地方気象台のホームページ

網走 )1889年8月1日)

観測開始
網走測候所創設、観測開始

1889(明治22)年8月1日、北海道庁所管で予備観測を北見国3郡役所内(当時の網走川河口付近で支庁の前身)で開始しました。
翌1890(明治23)年5月1日北海道庁網走2等測候所として現在地に移転し、業務開始しました。
網走地方気象台のホームページ

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。