ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 天気 > 気象カレンダー > 8月25日の気象カレンダー

8月25日の気象カレンダー(2014年2月26日作成)

画像はクリックすると拡大して表示されます。

気象災害 )1988年8月25日)

前線で北海道西部を中心に大雨
<前線による北海道西部を中心とした大雨8/24~27>

 8月25日から26日にかけて北海道の上を前線が東へ通過しました。このとき、前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んだため、留萌南部や中空知・北空知を中心に強い雨が降り続きました。特に25日午後から26日午前にかけて強い雨となり、留萌市幌糠では25日19時から20時、20時から21時の1時間でそれぞれ62mm、63mmの雨が降りました。また、沼田町では25日21時から26日10時までの13時間に330mmという豪雨となりました。
 24日から27日までの総降水量は、沼田で425mm、幌加内で232mm、小平町達布で204mmなど、留萌南部から空知地方にかけて200mmを超え、浦河町中杵臼で165mm、旭川市江丹別で163mmなど日高地方や上川地方でも150mmを超えました。
 これにより北海道の日本海側では、住家の全壊1棟、半壊12棟、床上浸水1,816棟、床下浸水3,545棟、河川の堤防決壊289か所のほか、橋梁被害、がけ崩れ、土砂崩れ等が発生しました。また、農業被害83億5,000万円、林業被害23億8,000万円、水産業471万円など農林水産業にも被害が出ました。
イメージ拡大
1988年8月25日午後9時の地上天気図

網走:最晩 )1987年8月25日)

アジサイ:開花
(網走の最も遅い記録 ※統計期間:1983年~2010年)
アジサイには装飾花という萼(がく)の中に花(これを真花といいます)が存在します。気象庁の観測ではこの真花が2~3輪咲いた状態をアジサイの開花と定義しています。

函館:極値 )1939年8月25日)

日降水量:176.0mm
日降水量(函館の第1位の記録 ※統計期間:1872年8月~2011年5月)
イメージ拡大
1939年8月25日午前6時の地上天気図

函館:極値 )1939年8月25日)

日最大1時間降水量:63.2mm
日最大1時間降水量(函館の第1位の記録 ※統計期間:1889年1月~2011年5月)
イメージ拡大
1939年8月25日午前6時の地上天気図

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。