ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 天気 > 気象カレンダー > 11月28日の気象カレンダー

11月28日の気象カレンダー(2014年2月26日作成)

画像はクリックすると拡大して表示されます。

)2008年11月28日)
雌阿寒岳ごく小さな噴火
11月28日から29日にかけてポンマチネシリ96-1火口、同第4火口でごく小さな噴火が発生しました。
この噴火による火山灰はポンマチネシリ火口周辺に広がり、東側では約8km、北側では約6kmまで観測されました。

網走:極値 )1950年11月28日)

日最大風速:29.8m/s
(網走の第1位の記録 ※統計期間:1890年 5月~2011年5月)
1950年11月25日に朝鮮中部に発生した低気圧(1022hPa)が、急速に発達しながら日本海を進み、28日には北海道を横断し、千島南部で980hPaに深まりました。
このため、北海道を中心に、日本各地で強風となり、特に網走では日最大風速(10分間平均風速)が29.8m/sと極値を観測しました。


札幌 )1921年11月28日)

高層風観測開始
初期の高層風観測は水素を充填した気球を飛揚し、これを経緯儀で追跡していくことにより上層の風の観測を行っていました。これは、現在行われている高層風観測とほぼ同じ原理です。この気球は上空で破裂し落下しますが、当時破裂せず、しぼんだ状態で落下した気球を見つけた住民が不思議がって駐在所に届けたなどという話が道内のあちらこちらから伝わっています。この高層風観測によって中緯度の上空約10kmの辺りに強い西風(偏西風、ジェット気流などと言われます)が存在していることが発見されました。
イメージ拡大
ラジオゾンデの飛揚

Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。