ページトップへの移動用画像 ナビゲーションスキップ用画像
 
 
ホーム > 天気・気候 > 北海道地方の天候の特徴 > 盛夏期前の曇・雨天

《コラム》 盛夏期前の曇・雨天

 
 北海道には「梅雨がない」と一般的に言われています。 なぜ、そのように言われているのか“降水量”と“晴れ”の関係から見てみました。
 <日降水量>図1左のグラフは、主な地点における5~8月の日降水量の平年の推移を示しています。 仙台や東京、鹿児島では6月から7月にかけて大きなピークが現れています。 一方、北海道の各地点では7月中頃に小さなピークがありますが不明瞭です。 また、梅雨のある各地に比べて降水量も少なくなっています。
 <晴れる日>図1右のグラフは、同様に晴れ日(日照率40%以上)の出現率の平年値です。 仙台や東京、鹿児島では6月から7月の中頃にかけて、大きく晴れ日の出現率が下がっています。 一方、札幌と網走では7月中頃に下がっていますが度合いは小さく、また、期間も短いことが分かります。

 北海道では、7月中旬頃に前線や低気圧の影響を時々受けて、曇天や雨の日が多くなりますが、本州に比べ梅雨と呼ぶには非常に不明瞭です。

 図1 主な地点における日降水量(左)と、晴れ日の出現率(右)の平年値(統計期間1981~2010年)
 日降水量は日別平滑平年値から、晴れ日の出現率は日照率40%以上となる確率の日別平滑平年値から作成
 
※釧路の晴れ日の出現率は、5月中頃から下がりその後も継続していますが、釧路沖で発生した海霧が流れ込みやすいためで、梅雨に伴って現れる曇・雨天を反映したものではありません。
 
 <近年の天候>表1は、本州が梅雨に相当する時期の、近年の大よその天候です。 仙台や東京では、梅雨の期間にくもりや雨の日が際立って多くなっていることが分かります。 一方、札幌では7月頃にやや曇りや雨の日が増えますが期間は短く、また、雨の降りやすい時期が毎年必ず現れていないことも分かります。

 北海道では、盛夏期の前に曇・雨天が多くなる年はあるのですが、明瞭ではない上に、毎年決まった頃に決まった期間現れないために「梅雨はない」と言われているのです。

 表1 札幌、仙台、東京における5月中旬から7月下旬のおおよその天候(2001年~2010年)