緊急地震速報

緊急地震速報とは

 緊急地震速報は、平成19年10月1日9時から一般の皆様への提供を開始しました。

 この情報は、地震の発生直後に、震源に近い地震計でとらえた観測データを解析して震源や地震の規模(マグニチュード) を直ちに推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時刻や震度を推定し、可能な限り素早く知らせる情報です。

 詳しくは、気象庁ホームページの解説をご覧下さい。




緊急地震速報を見聞きしたときは

 緊急地震速報は、情報を見聞きしてから地震の強い揺れが来るまでの時間が数秒から数十秒しかありません。 その短い間に身を守るための行動を取る必要があります。

 緊急地震速報を見聞きしたときの行動は「周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する」ことが基本です。

 さまざまな場面において 緊急地震速報を見聞きした時に取るべき行動の具体例について解説しています。




緊急地震速報の発表状況

緊急地震速報の発表状況は、こちらに掲載しております。

掲載内容は、一般向け緊急地震速報を発表した、または観測された最大震度が4以上の地震(誤報などを含む)が対象です。




緊急地震速報の入手方法について

緊急地震速報の主な入手方法については、テレビやラジオ、防災無線の他、携帯電話での配信が予定されています。

 詳しい入手方法はこちらをご覧下さい。




緊急地震速報に関するよくある質問集

気象台にしばしば寄せられる質問から、 緊急地震速報FAQ集を作成しました。

  *FAQ: Frequently Asked Question しばしば寄せられる質問




悪質な業者にご注意ください

 最近、緊急地震速報の受信装置設置の義務化を偽ったり、気象庁の名をかたった訪問やアンケート調査などの行為が行なわれているとの情報があります。

 気象庁では、市民のみなさまに受信装置の設置等を義務付けたり、直接設置に伺ったりすることはありません。また、アンケート調査を行う場合でもご家庭を直接訪問したり、個人情報の記入をお願いしたりすることはありませんので、ご注意ください。

これまでに寄せられた情報の例

  • 気象庁の依頼などと名乗って、「緊急地震速報」の受信装置の取り付け等を理由に、マンションのエントランスをあけさせようとする者が来た。
  • 「緊急地震速報」に関するアンケート調査を口実とし、名前や住所などの個人情報を記入させられた。
  • 「市町村の防災センター(あるいは、マンション管理業者)からの依頼です」などと名乗って、「緊急地震速報」の受信装置を家庭へ設置することを行政が義務化しているかのような説明を行い、販売しようとする業者が現れた。



  • 仙台管区気象台制作 緊急地震速報カウントダウンビデオ

    仙台管区気象台が制作した、緊急地震速報カウントダウンビデオです。

    このカウントダウンビデオは、仙台市消防局の地震体験車「ぐらら」に搭載いただいております。

    ※カウントダウンビデオを見るにはWindows Media Playerが必要です。

    お持ちでない方はこちらからダウンロードをお願いいたします




    気象庁制作 緊急地震速報リーフレット等




    緊急地震速報の利活用の手引き(施設管理者用)Ver 1.0

     気象庁では、国や地方公共団体の庁舎や公共施設、民間のオフィスや集客施設などにおける緊急地震速報の一般的な利活用の方法や、緊急地震速報を取り入れた訓練を計画・実施する際のポイントをまとめた「緊急地震速報の利活用の手引き(施設管理者用)Ver 1.0」を作成しました。

     詳細はこちらをご覧ください。


    Adobe Reader

    このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
    お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。