東日本大震災における仙台管区気象台の対応


年月日 カテゴリ 仙台管区気象台の対応
平成23年3月11日 地震発生

東北地方太平洋沖地震(Mw9.0)発生

平成23年3月11日 震災対応

・仙台航空測候所(仙台空港)が津波により被災

 被災状況と復旧の経過

平成23年3月11日 震災対応

・県災害対策本部・政府現地災害対策本部への職員派遣

・県、整備局、自衛隊、市町村等への気象及び地震活動に関する資料提供

平成23年3月12日 防災気象情報

・土砂災害警戒情報基準の暫定運用開始

・大雨警報・注意報基準の暫定運用開始(震度5強以上の市町村)

※復興状況により運用を廃止(現在の警報、注意報基準)

平成23年3月25日
     ~7月29日

津波観測機器

(復旧までの概要)

臨時津波計の設置

・3月25日 いわき市小名浜(商用電源の復旧により津波観測再開)

・3月29日 大船渡

・3月31日 仙台港

・7月26日 八戸港、大船渡(局舎復旧工事のため)、いわき市小名浜(局舎復旧工事のため)

・7月28日 相馬

・7月29日 宮古、石巻市鮎川、大洗(茨城県)

平成23年4月5日
     ~4月15日
地震観測機器

(復旧までの概要)

震度計臨時観測点設置(被災した観測点)

・4月 5日 宮城県南三陸町、女川町

・4月 6日 福島県国見町

・4月14日 岩手県山田町、陸前高田市

・4月15日 岩手県大槌町

平成23年4月 地震観測機器

震度計、地震計の機能強化(~平成24年8月)

・バッテリーを強化し72時間のバッテリー運用が可能。

・衛星回線を利用し電話回線が断絶した場合の通信網を整備。

平成23年4月7日 地震

最大余震(M7.2)発生

平成23年4月22日
     ~6月14日

アメダス

(復旧までの概要)

観測の再開

・4月22日 雄勝地域気象観測所(宮城県)

・4月28日 釜石地域気象観測所(岩手県)、志津川地域気象観測所(宮城県)

・5月13日 女川臨時地域気象観測所(宮城県)

観測地点の増設

・6月14日 雨量観測体制の強化

  ・岩手県:刈屋、小鎚、陸前高田

  ・宮城県:桃生、東松島、岩沼

  ・福島県:新地、古殿

  ・茨城県:高萩

【 前ページに戻る 】


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。