仙台航空測候所の復旧経過


年月日 復旧経過
平成23年3月11日

 仙台空港が津波により被災し、仙台航空測候所の業務遂行が不可能となる(予報業務は気象庁が代行)

平成23年3月12日

 山形空港の24時間運用開始(~4月8日)

  捜索救難、物資輸送拠点として、24時間体制で運航を支援

平成23年3月13日

 花巻空港、福島空港の24時間運用開始(~4月1日)

  捜索救難、物資輸送拠点として、24時間体制で運航を支援

平成23年3月17日

 東京航空局仙台空港事務所庁舎屋上に観測機器(風向風速計等)を仮設置し観測業務を再開(6時~18時)

平成23年3月19日

 東京航空局仙台空港事務所庁舎屋上に観測機器(温湿度計、雲底高度測定装置)を仮設置し観測業務を運用再開

平成23年3月21日

 仙台空港の24時間運用開始

平成23年3月25日

 仙台航空測候所において、定時観測及び定時航空気象観測報の運用再開

平成23年4月8日

 仙台、福島両空港の予報業務再開

平成23年4月8日

 滑走路視距離観測装置(RVR)、B滑走路(RWY27)用の風向風速計復旧

平成23年4月13日

 仙台空港の民間航空機の就航再開に伴い特別観測再開(05時30分~18時00分)

平成23年4月29日

 仙台航空測候所における特別観測実施時間の変更(05時30分~21時30分)

平成23年5月3日

 仙台空港の運用時間が通常運用に復旧(定時航空気象観測報:06時~21時)

関連資料

 ・被災と復旧の状況

 ・飛行場に関する気象情報 (気象庁HP)

 ・空港における気象観測 (気象庁HP)

【 前ページに戻る 】


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。