東北地方の気象官署等における実効湿度

秋の終わりから春にかけて空気が乾燥する日が多くなります。

空気の乾燥により火災の危険が大きいと予想される場合には乾燥注意報を発表します。

乾燥注意報が発表された場合には火の取り扱いに注意して下さい。

 ※毎日6時頃に自動で更新しています。機器や通信の不良等により、表示が更新されない場合やデータを修正する場合があります。

 ※実効湿度の数値欄の「×」は、実効湿度を求めるためのデータが得られず、算出されていないことを示しています。


各気象官署等における実効湿度

乾燥注意報の基準は下記のとおりです


Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。