東北地方の将来の気候

はじめに

 このページでは、IPCC※1が採用した4つの温室効果ガス排出シナリオの中で最も排出量の多いRCP8.5※2シナリオに基づいて、気候予測モデルを用いたコンピュータシミュレーションの予測結果から、東北地方の将来の気候について解説しています。
※1 IPCC:国連気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change)
※2 RCP:代表的濃度経路(Representative Concentration Pathways)シナリオ。社会・経済的な将来像を仮定せず、将来予測される多様な放射強制力の経路の中から、代表的なものを選択する。

レポート | リーフレット

レポート


レポート

 東北地方の地球温暖化予測情報

   仙台管区気象台 編 2019年2月 A4 40ページ
   平成29年に気象庁が刊行した「地球温暖化予測情報第9巻(気象庁HPへリンク)」に基づく東北地方及び東北各県の詳細な解析結果を掲載しています。 この予測情報では、二酸化炭素などの濃度が最も多く推移した場合を仮定したシナリオを用いています。 各章には、気候変化がもたらす影響等を取り上げたコラムも収録しています。

東北地方の地球温暖化予測情報 ページ
レポート全文 (PDF 8.7MB)
全48ページ
目次 ページ
目次等
目次や「刊行にあたって」、「本レポートの構成」について記述があります。
(4ページ)
第1章 今世紀末における気候変化のシミュレーション
  1.1 温室効果ガスの増加を仮定した気候変化のシミュレーション
  1.2 シミュレーションの特徴
  1.3 解析結果の注意点
  1.4 解析結果の見方
  <コラム>温室効果ガス排出シナリオ
1-8ページ
第2章 シミュレーション結果から見た東北地方の将来の気候変化
 2.1 東北地方の将来の気候変化
  2.1.1 気温の将来の気候変化
  2.1.2 雨の将来の気候変化
  2.1.3 雪の将来の気候変化
9-19ページ
 2.2 県別の将来の気候変化
  2.2.1 青森県の将来の気候変化
  2.2.2 秋田県の将来の気候変化
  2.2.3 岩手県の将来の気候変化
  2.2.4 宮城県の将来の気候変化
  2.2.5 山形県の将来の気候変化
  2.2.6 福島県の将来の気候変化
  <コラム>将来の宮城県の夏の気温と稲作への影響
20-39ページ
参考文献等 40ページ


レポート | リーフレット

リーフレット

東北各県の21世紀末の気候

 仙台管区気象台 編 2019年2月 A4 各県4ページずつ
 「東北地方の地球温暖化予測情報」を東北各県毎にまとめたリーフレットです。
気温と降水について、グラフと図を用いてわかりやすく解説しています。

青森県
リーフレット1
ダウンロード
(PDF 1.0MB)
秋田県
リーフレット1
ダウンロード
(PDF 0.9MB)
岩手県
リーフレット1
ダウンロード
(PDF 1.0MB)
宮城県
リーフレット1
ダウンロード
(PDF 1.0MB)
山形県
リーフレット1
ダウンロード
(PDF 1.0MB)
福島県
リーフレット1
ダウンロード
(PDF 1.0MB)


資料のご利用にあたって

  引用の際は出典「東北地方の地球温暖化予測情報」及び仙台管区気象台のウェブサイトから引用した旨を明記してください。



お問い合わせ

仙台管区気象台 気象防災部 地球環境・海洋課
〒983-0842 宮城県仙台市宮城野区五輪一丁目3番15号
TEL:022-297-8177、FAX:022-291-8110

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

このページのトップへ