秋田県の地勢・気候・コラム

秋田県の地勢と気候

図1 秋田県の地勢と観測地点
図中に観測所の位置を示す。赤丸は地方気象台、 緑丸はアメダス。(2017 年 1 月現在)

 秋田県は東北地方の北西部に位置し、東西約70km、南北約170kmの長方形に近い形をしており、総面積は約11,637km2で全国第6位の広さである。

 西は日本海に面し、岩手県と接する東の県境は南北に奥羽山脈が連なっている。北は十和田湖とその西に連なる白神山地を境に青森県と接し、南は鳥海山と栗駒山を結ぶ山地を境に山形県・宮城県と接している。

 奥羽山脈とその西に続く出羽山地の間を縫って米代川、雄物川、子吉川が流れ、能代、秋田、本荘付近の海岸部には隆起砂丘とそれぞれの河川により造られた沖積平野が発達している(図1)。

 秋田県の気候は典型的な日本海側の特性を示す。冬期、沿岸は風が強く、降雪は少ない。内陸は風が弱いものの多雪となりやすい。夏に北日本に冷害をもたらす冷たく湿った東寄りの風ヤマセは、奥羽山脈に遮られるため、県北の一部を除きほとんど影響を受けない。



※図1は、国土地理院『数値地図50mメッシュ(標高)平成13年5月1日』および、国土交通省国土政策局『国土数値情報(行政区域データ)平成28年』をもとに、仙台管区気象台が加工・作製した。

秋田県上空、過去55年間の気温変化

 図2 高度別年平均気温の推移と
変化傾向
図3 50年間の気温変化量(℃)

 秋田地方気象台の高層気象観測記録より、55年間の高度別気温変化傾向を紹介する。

 秋田地方気象台では、ゴム気球に水素ガス(空気より軽い気体)を詰め、観測機器をつなげて1日2回、09時と21時に上空の気温、風等を観測している。観測機器の情報は電波によって地上に送信され、高度約30kmまで上昇すると、気圧の低下により膨張したゴム気球が破裂し観測が終了する。

 過去55年間(1961~2015年)に、秋田地方気象台で観測した高層データをもとに、各高度の気温変化傾向を求めた。図2の高度別平均気温グラフは、各高度の21時気温の年平均気温の推移を表す。また、点線は55年間の変化傾向を表す。この変化傾向から55年間の気温変化量を算出してグラフに示したのが図3である。観測の記録は本来気圧面毎に行うが、ここでは高度に変換して示した。信頼度水準90%で統計的に有意な気温変化は、高度5km以下と16km以上に見られた。

 IPCC第5次評価報告書(IPCC,2013)では、人為的起源による放射強制力の変化、すなわち温室効果ガスの増加とオゾン層破壊物質による成層圏オゾンの破壊が、対流圏の温暖化と、下部成層圏の寒冷化をもたらしている可能性が非常に高いとしており、秋田地方気象台の観測記録からも、対流圏(地表~高度約10km)の気温は上昇し、下部成層圏 (高度約15km~20km付近)では下降していることがわかる。ただし、2000年以降の下部成層圏の気温は、日本付近のオゾン全量や下部成層圏オゾン量の増加傾向(気象庁「オゾン層・紫外線の年のまとめ」)に対応して、上昇傾向がみられる。


「東北地方の地勢・気候・コラム」へ
「青森県の地勢・気候・コラム」へ「岩手県の地勢・気候・コラム」へ「山形県の地勢・気候・コラム」へ「宮城県の地勢・気候・コラム」へ「福島県の地勢・気候・コラム」へ
「東北地方の気候の変化」トップページに戻る

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。