青森県の地勢・気候・コラム


青森県の地勢と気候

図1 青森県の地勢と観測地点
図中に観測所の位置を示す。赤丸は地方気象台、青丸は特別地域気象観測所(旧測候所)、緑丸はアメダス。(2017 年 1 月現在)

 青森県は本州の最北端に位置しており、北は津軽海峡を隔てて北海道と相対し、東は太平洋、西は日本海に面して三面を海に囲まれて、南は東半分を岩手県に、西半分を秋田県に接している。県の東部では下北半島が北に突き出し、その形はまさかりに似ている。また西部では津軽半島が北に突き出しており、これら両半島によって陸奥湾が形成されている(図1)。総面積は約9,645km2で全国の都道府県で第8位の広さである。

 津軽平野は、西は日本海に面し南西に岩木山(1625m)を望む、本県第一の面積を有する平野である。平野の中央を岩木川が流れ、その流域は広大な沖積層で、肥沃な平地となっており、河口には十三湖があって、下流一帯は泥炭地を形成している。陸奥湾の東側から十和田・八甲田山系の東麓は、洪積台地と丘陵地が広く分布し小川原湖付近には大小の湖沼群があり低地となっている。東北地方の脊梁をなす奥羽山脈は青森県中央部の山地を形成し南北に連なっている。

 青森県の河川のうち、八戸市から太平洋に注いでいる馬淵川は最も長い流路(142km)を有しているが、その源を岩手県に発し、流路の大部分は岩手県を流れている。県内に源を発する河川では岩木川が102kmで最も長く、浅瀬石川、平川、十川などの支流と合流して日本海に至る。

 青森県の気候は、冬期は多雪となる津軽・下北と少雪となる三八上北に、また夏期はヤマセ(冷たく湿った東よりの風)が発生した場合、影響が顕著に現れる下北・三八上北と、影響が顕著ではない津軽に大別される。



※図1は、国土地理院『数値地図50mメッシュ(標高)平成13年5月1日』および、国土交通省国土政策局『国土数値情報(行政区域データ)平成28年』をもとに、仙台管区気象台が加工・作製した。

青森県のリンゴ栽培への影響


 青森県は、農林水産省の生産農業所得統計で平成26年の農業産出額が全国第8位であり、リンゴおよび果実全体、ごぼう、にんにくで全国1位となるなど国内有数の農業県である。農業は青森県の基幹産業として位置付けられているが、気象環境への依存性が高い産業であり、地球温暖化に伴う影響を大きく受ける事が予想されている。

農業への影響

 気候変動の影響については、現時点において、気温や水温の上昇、降水日数の減少などに伴い、農作物の収量の変化や品質の低下がすでに現れていることが示されている。将来は、農作物の品質の一層の低下、渇水の深刻化、夏季の熱波の頻度の増加などのおそれがあることが示されている(「気候変動の影響への適応計画」より)。

より深刻な影響を受ける果樹栽培

 農林水産省の農林水産統計によると、平成26年度産のリンゴ収穫量81万6300トンのうち、青森県は46万8000トンで57%を占める国内第一のリンゴ生産県である(図2)。リンゴを含めた果樹生産には、「永年作物である」、「作期移動が容易でなく、生育期だけでなく休眠期も明確な温度反応がある」、「高品質が求められ生産地域が限定されている」、「栽培適地であるか否か判断する際に最も影響力を持つのは温度条件である(表1)」などの特徴があり、地球温暖化に伴う気候変化は果樹生産にとって根幹に関わる重大な問題である(「農業に対する温暖化の影響の現状に関する調査」農研機構,2006より)。

図2 平成26年度産リンゴ収穫量表1 代表的な果樹生産県の年平均気温
(農林水産統計 農林水産省, 2015) 「中長期的な気象変動予測から推定される温度変化の
果樹農業への影響」(杉浦, 2004)に基づき作成

リンゴ栽培への影響

写真1 日焼け果写真2 高温による着色障害
(独)農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所ホームページより

(1)気象災害の増加:近年顕著である春期の温度上昇により発芽期・開花期が早まることによる晩霜害の増加、また果実生育期間の延長で落葉期の遅延による凍害の増加が懸念される。

(2)果実品質の低下:成熟期(夏期)の温度上昇や高温による着色不良、日焼け果、低酸化などの品質の低下とともに、果肉が軟化し貯蔵性が低下することや、極端な気象変化の影響で収穫前落果の増加も心配されている(写真1・写真2)。

(3)病害虫の増加:年間または冬期の温度上昇によるツヤアオカメムシ、オオタバコガなどの暖地系害虫や、輪紋病やたんそ病の増加など暖地栽培地の重要病害が北上することに加え、モモシンクイガ、リンゴハダニ等の害虫の発生期間が長期化する可能性が大きくなる。

(4)メリット:降雪量が減少すると「わい化」栽培で雪害が減少することや、果実の肥大向上のメリットがある(農研機構,2006)。また、最近の研究では、温暖化の進行により酸含量は徐々に減る一方、糖含量はやや増加しており、その結果、リンゴが甘く感じられるようになってきていることも明らかになっている(「平成25年地球温暖化影響調査レポート」農林水産省,2014より)。

リンゴ栽培適地(年平均気温7~13℃)の変化予測

 IPCC第5次評価報告書(IPCC,2013)では、今世紀末までの気温上昇は温室効果ガスの排出量及び大気中濃度、大気汚染物質の排出並びに土地利用についての4つのシナリオにより、世界平均で0.3℃~4.8℃の範囲で上昇すると見積もられている。農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所の研究報告(杉浦・横沢,2004)によれば、平均気温が約3℃上昇した場合には現在の主生産地である東北地方の平野部のほぼ全域が栽培適地範囲外になるとされている(図3)。

図3 リンゴ栽培に適する年平均気温(7~13℃)の分布(杉浦・横沢, 2004)

リンゴ栽培での適応策

 農林水産省気候変動適応計画(農林水産省,2015)によれば、リンゴの気候変動適応策としては、着色不良対策として優良着色系品種や黄色系品種の導入、日焼け果・着色不良対策として、かん水や反射シートの導入などが進められている。リンゴに限らず果樹は永年性作物であり、収穫できるまでに一定期間を要し、需給バランスの崩れによる価格の変動を招きやすいことから、他の作物にも増して、長期的視野に立って対策を講じていくことが不可欠である。産地において、温暖化の影響やその適応策等の情報の共有化や行動計画の検討等が的確に行われるよう、主要産地や主要県との間のネットワーク体制の整備を行う必要があるとされている。


「東北地方の地勢・気候・コラム」へ
「秋田県の地勢・気候・コラム」へ「岩手県の地勢・気候・コラム」へ「山形県の地勢・気候・コラム」へ「宮城県の地勢・気候・コラム」へ「福島県の地勢・気候・コラム」へ
「東北地方の気候の変化」トップページに戻る

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。