福島県の地勢・気候・コラム

福島県の地勢と気候

図1 福島県の地勢と観測地点
図中に観測所の位置を示す。赤丸は地方気象台、青丸は特別地域気象観測所(旧測候所)、緑丸はアメダス。(2017 年 1 月現在)

 福島県は東北地方の南部に位置し、東西約170km、南北約130km、面積は約13,783km2で、北海道、岩手県に次ぐ全国第3位の広さを持つ。東は太平洋に面し、南は八溝山地及び那須岳、帝釈山、燧ケ岳を連ねる山系で茨城・栃木・群馬の三県に接し、北は飯豊山、吾妻山を連ねる山系で山形県と、また阿武隈高地北部で宮城県と、西は飯豊山地、越後山脈で新潟県と接する(図1)。

 福島県は、南北に走る阿武隈高地と奥羽山脈の二つの山系により、浜通り、中通り、会津地方に三分される。阿武隈高地は標高500mから1000mの比較的なだらかな山地が連なる。一方、奥羽山脈は北部に1800m級の吾妻連峰、南部に1800m級の那須連峰があるが、中部は低く、猪苗代湖付近では標高500mほどとなっている。また、越後山脈は阿賀川によって南北に分かれ、南は東北地方で一番標高の高い燧ケ岳(2356m)をはじめ、2000mを越す高山群となり、北は飯豊山を含む2000m級の朝日山地に連なっている。会津の西部は日本有数の豪雪地帯として知られ、阿賀川・只見川の流域には多くの大型水力発電所が設けられている。

 福島県の気候は、浜通り、中通り、会津でそれぞれ異なる。会津は日本海側の特性を持ち、山間部中心に多雪である。浜通りは太平洋側の特性を持ち、海風が入りやすいため、一年を通して穏やかな気候である。中通りは太平洋側に近い気候を示す。また、阿武隈高地山間部や猪苗代湖周辺、会津山間部では高原性の気候を示すところがあり、福島、郡山、白河、会津若松周辺の広い地域では盆地気候の特性が現れている。


※図1は、国土地理院『数値地図50mメッシュ(標高)平成13年5月1日』および、国土交通省国土政策局『国土数値情報(行政区域データ)平成28年』をもとに、仙台管区気象台が加工・作製した。


果樹の花芽の発芽日が早まっている-モモ・ナシ・リンゴを例に-

 福島県では、モモ、ナシ、リンゴ、カキ、ブドウなど多様な果樹の栽培が盛んであり、特にモモの生産量は山梨県に次いで全国第2位となっている。

 地球温暖化に伴う気温の上昇により、果樹生産への影響が懸念されていることから、福島県農業総合センター果樹研究所(福島市飯坂町)の観測データを用いて、モモ(品種:あかつき)、ナシ(品種:幸水)、リンゴ(品種:ふじ)の花芽の発芽日及び開花日の推移を確認した(図2~4)。また、図には発芽・開花期である3月~4月の福島の気温の推移を共に示している。

 1976年から2015年のモモの発芽・開花日の推移をみると、3月~4月の福島の気温の明瞭な上昇傾向に呼応するように、発芽日が早まる傾向が明瞭に現れている。モモの開花日には変化傾向がみられないものの、1980年代末までは4月中旬から下旬に開花しており、1990年頃からは4月上旬に開花する年がたびたび現れている。

 また、ナシとリンゴについても、モモと同様、3月~4月の福島の気温の明瞭な上昇傾向に呼応するように、発芽日が早まる傾向が明瞭に現れている。また、ナシは開花日にも早まる傾向が現れている。

図2 モモの発芽・開花日と福島の3月~4月の2か月平均気温(1976~2015年)  図3 ナシの発芽・開花日と福島の3月~4月の2か月平均気温(1976~2015年) 図4 リンゴの発芽・開花日と福島の3月~4月の2か月平均気温(1976~2015年)
図2~4及び付表 モモ・ナシ・リンゴの発芽・開花日と 福島の3月~4月の2か月平均気温

図2~4において、それぞれ緑線は開花日、赤茶線は発芽日、青線は3~4月の2か月平均気温、直線は長期変化傾向を表す。3~4月の平均気温は1976~2015年の変化傾向を調べた。
 付表の長期変化傾向で、*を付加した値は信頼度95%で有意な値、**を付加した値は信頼度90%で有意な値、無印の値は信頼度99%で有意な値であることを示す。「-」は、統計的に有意な長期変化傾向が見出せないことを示す。

 全国的には、成熟期のリンゴやぶどうの着色不良・着色遅延、ナシの秋期から初冬期高温による発芽不良等の影響が報告されている(「農林水産省気候変動適応計画」農林水産省,2015より)。地球温暖化が更に進めば、福島県の果樹栽培にも大きな影響を及ぼす可能性がある。


「東北地方の地勢・気候・コラム」へ
「青森県の地勢・気候・コラム」へ「秋田県の地勢・気候・コラム」へ「岩手県の地勢・気候・コラム」へ「山形県の地勢・気候・コラム」へ「宮城県の地勢・気候・コラム」へ
「東北地方の気候の変化」トップページに戻る

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。