岩手県の地勢・気候・コラム

岩手県の地勢と気候

図1 岩手県の地勢と観測地点
図中に観測所の位置を示す。赤丸は地方気象台、青丸は特別地域気象観測所(旧測候所)、緑丸はアメダス。(2017 年 1 月現在)

 岩手県は、東北地方の北東部に位置し、東西約120km、南北約190kmの紡錘状をしており、県としてはわが国最大の面積(15,275km2)を有する。県の西部は秋田県との県境をなす奥羽山脈が走り、岩手山(2038m)など比較的険しい山岳が連なっている。県の東側の大部分は、北上高地が広がり、丘陵地帯が太平洋岸まで続いている(図1)。

 東西の二つの山系に挟まれた中央部の北上盆地には、全長249kmの北上川が北から南に流れ、宮城県に入って太平洋に注ぐ。太平洋に面する海岸は変化に富み、宮古市以南は複雑に入り組んだリアス式海岸であるのに対して、宮古市より北部は隆起海岸で、海蝕崖や海岸段丘が発達している。北上高地に水源をもつ馬淵川は内陸部を北に流れて青森県に入り、八戸市で太平洋に注ぐ。

 岩手県の気候は、南北に延びる奥羽山脈、北上高地により、内陸と沿岸に大別される。内陸は1日の寒暖の差が大きく、冬は日本海側の気候となり季節風の影響を受けて降雪が多い。沿岸は太平洋側の気候を示し、冬期の降雪は少ないが、夏期にはヤマセの影響を受けやすい。



※図1は、国土地理院『数値地図50mメッシュ(標高)平成13年5月1日』および、国土交通省国土政策局『国土数値情報(行政区域データ)平成28年』をもとに、仙台管区気象台が加工・作製した。

岩手の風物と地球温暖化

 岩手県出身の詩人、宮沢賢治の昭和7年(1932年)作「グスコーブドリの伝記」には次のような興味深い一文が記されている。

ブドリ 「先生、気層のなかに炭酸ガスがふえて来れば暖かくなるのですか。」

クボー博士 「それはなるだろう。地球ができてから今までの気温は、たいてい空気中の炭酸ガスの量できまったと言われるくらいだからね。」

ブドリ 「ガルボナード火山島が、いま爆発したら、この気候をかえるくらいの炭酸ガスを噴くでしょうか。」・・・

 80年以上も前に書かれた作品であるが、賢治が二酸化炭素と地球温暖化の関係を取り上げている点に驚かされる。地球温暖化や都市化に伴う気候の変化を見るためには、ある程度長い期間のデータ等が必要だが、岩手における興味深い事例を2つ紹介する。

たろし滝(花巻市石鳥谷町)

写真1 たろし滝(花巻市石鳥谷町)図2 たろし滝の氷柱の太さと岩手県の作況指数
写真提供:花巻市観光課

 「たろし」とはこの地方で「つらら」のことを言う。
 花巻市石鳥谷町の「たろし滝」では、凍りついた滝の太さで、その年の農作物の作柄を占う行事があり(太いと豊作)、表に示すように昭和50年(1975年)からの計測データがある(2月上旬に巻き尺により計測)。
 「計測不能」(崩落あるいは氷柱にならない)の年は1975~1984年の10年間では2回だが、直近の10年間(2006~2015年)では5回と2倍以上になっている。

高松の池(盛岡市)

写真2 高松の池(約50年前の冬)写真2 高松の池(最近の冬)
天然リンクでスケートができた
写真提供:梅野克雄氏
盛岡の冬の最低気温は100年あたり約3℃と上昇が大きい
写真提供:梅野克雄氏

 「高松の池」は、盛岡市の北部にあり、冬季には戦前からスケートが行われていた。
 昭和33年(1958年)には第13回冬季国体及び全国高校スケート大会が開催され、会場として利用された。
 近年は池の氷が薄くスポーツの利用は不可能となり、白鳥の飛来地として市民に親しまれている。


「東北地方の地勢・気候・コラム」へ
「青森県の地勢・気候・コラム」へ「秋田県の地勢・気候・コラム」へ「山形県の地勢・気候・コラム」へ「宮城県の地勢・気候・コラム」へ「福島県の地勢・気候・コラム」へ
「東北地方の気候の変化」トップページに戻る

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。