宮城県の地勢・気候・コラム

宮城県の地勢と気候

図1 宮城県の地勢と観測地点
図中に観測所の位置を示す。赤丸は管区気象台、青丸は特別地域気象観測所(旧測候所)、緑丸はアメダス。(2017 年 1 月現在)

 宮城県は、東北地方の南東部に位置し、東は太平洋に面し、北は岩手県、北西は秋田県、西は山形県、南は福島県にそれぞれ隣接しており、総面積は約7,282km2で全国第16位の広さである(図1)。

 西の県境は奥羽山脈が南北に走り、北から、栗駒山を含む神室山地、船形連峰、県最高峰の屏風岳(1825m)を含む蔵王連峰が連なっている。奥羽山脈の東になだらかな丘陵が平行して分布し、河川沿いには台地が点在している。岩手県境から牡鹿半島にかけての沿岸部は北上高地が太平洋に落ち込み、岬や湾、入江が複雑に入り組んだリアス式海岸となっている。松島湾の南から山元町に至る海岸線は単調な砂浜が続き、南の県境は阿武隈高地により福島県に接している。

 東北最長の河川である北上川は岩手県から県北を南へ流れ、登米市で旧北上川と新北上川に分かれ、太平洋に注ぐ。鳴瀬川、七北田川、名取川が県の中央部を東西に貫き、福島県に源を発する阿武隈川が県南を北へ流れ太平洋に達する。これらの河川の流域には堆積した土砂による平野が発達し、東北地方最大の平野である仙台平野を形成している。

 宮城県の気候は、典型的な太平洋側の特性を示すが、その中でも平野が広がる東部と、山地が多い西部に大別される。仙台平野から北上高地の南端にかけての東部は、太平洋に面しているため、海風が入りやすく、夏の暑さはあまり厳しくない。東北地方の中では冬もわりあい暖かく、一年を通じて比較的穏やかな気候である。奥羽山脈の裾野にあたる西部は、夏は厳しい暑さはないが、冬は奥羽山脈をこえる季節風の影響を受け、県内では比較的降雪の多い地域である。


※図1は、国土地理院『数値地図50mメッシュ(標高)平成13年5月1日』および、国土交通省国土政策局『国土数値情報(行政区域データ)平成28年』をもとに、仙台管区気象台が加工・作製した。

仙台市のヒートアイランド現象

写真1 青葉山から臨む仙台市街
高層ビルが立ち並ぶ仙台市中心部。正面の山並みは牡鹿半島、右手奥には太平洋が広がる。

 仙台は昔に比べて暑くなったと言われる。仙台の年平均気温は、100年あたり2.3℃の割合で上昇しており、地球温暖化による日本の平均気温の上昇(1.16℃/100年)を大きく上回っている。

 仙台の街は、戦後から高度経済成長期にかけて急速な発展を遂げた。駅周辺には高層ビルや商業施設が密集し、周辺の田畑は住宅地に変わり、エアコンや自動車の普及で大量の熱が排出されている。都市化は「ヒートアイランド現象」を引き起こし、地球温暖化の影響を上回る気温上昇をもたらしていると考えられる。

 図2に仙台と東京の気温、日本の平均気温、日本周辺海域の海面水温の推移を示す。この期間で東京の年平均気温は100年あたり約3℃上昇しているのに対し、仙台は2.3℃である。この上昇率は、東北地方の17地点の気象台・特別地域気象観測所の中では最も大きいが、札幌、名古屋、大阪、福岡といった東京以外の日本の大都市よりやや小さい。仙台の気温は、1940年代から1960年頃にかけて、東京並みの速さで昇温しているが、1960年代以降は上昇速度が鈍り、日本の平均気温や日本周辺海域の海面水温に近い上昇率となっている。

 ヒートアイランド現象の影響は、最高気温よりも最低気温で大きい。これは、日中は混合層の発達に伴って都市の余剰熱が上空へ拡散することで地表面付近での気温変化量が小さくなるのに対し、夜間は都市の余剰熱が地表付近の薄い層に集中することで地表面付近での気温変化量が大きくなるためである(「都市の気候変動と異常気象 猛暑と大雨をめぐって」藤部, 2012より)と考えられる。月別に過去と現在の違いを石巻と比較してみると(図3)、石巻では、最低気温・最高気温の上昇量がほぼ等しいのに対し、仙台では最低気温の上昇量が大きい。仙台では都市化の影響として最低気温の上昇量が大きくなっていると考えられる。

図2 仙台市と東京の年平均気温。日本の年平均気温、日本周辺海域の海水気温の推移(1927~2015年) 図3 仙台と石巻の日最高気温・日最低気温の月平均値の変化量
赤は仙台、緑は東京、青は日本(国内15地点の平均)、灰色は日本周辺海域の海面水温(℃)。いずれも年平均値で、1927~1956年の30年平均値に対する編差。点は各年の値、折線は5年移動平均値を表わす。 1981~2010年の30年平均値から1931~1960年の30年平均値を差し引いた変化量(℃)。赤が日最高気温、青が日最低気温を表わす。左図が仙台、右図が石巻。

「東北地方の地勢・気候・コラム」へ
「青森県の地勢・気候・コラム」へ「秋田県の地勢・気候・コラム」へ「岩手県の地勢・気候・コラム」へ「山形県の地勢・気候・コラム」へ「福島県の地勢・気候・コラム」へ
「東北地方の気候の変化」トップページに戻る

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。