1.風向・風速を測るための器械


 ■風車型風向風速計

 風の吹いてくる方向を風向といい、風の速さ(強さ)を風速といいます。

 風向:下図はこの「風向」を説明するための図です。プロペラが向いている方向が風向きです。例えば、プロペラがN(北)を向いているときは、”北の風が吹いている”といいます。風向は北(N)を基準に全周を時計回りに36に等角度で分割して36方位で表します。真北からの風は”36”と表します。

 風速:プロペラの回転により風速が得られ、90m/sまで測定することができます。風向・風速は絶えず変動するため、瞬間値と平均値(10分間)として表します。 

真上から見た風車型風向風速計

矢印付近にマウスをのせると風向風速計がうごきます。