静岡地方気象台の仕事

気象台の役割

 我が国では、台風や前線による集中豪雨や暴風、地震、津波、噴火などの災害をしばしば受けており、災害の予防、交通安全の確保、産業の興隆などのため、気象業務が果たす役割は大きくなっています。
 このため、気象庁では各都道府県に地方気象台(静岡県には静岡地方気象台)を置き、このような自然現象を監視しながら、日常の天気予報や台風、暴風、大雨などについての警報・注意報、津波警報・注意報、地震火山に関する情報などを適宜適切に防災機関及び県民に提供し、防災機関として重要な役割を果たしています。


担当業務

観測予報担当(窓口)

防災担当(窓口)

業務・危機管理担当(窓口)

各窓口の電話番号についてはこちらのページで詳しく御案内します。