高松地方気象台ホームページ
ホーム > 防災気象情報の手引き(気象関連) > 高潮について (大潮による高い潮位に関する香川県潮位情報について)
高潮について
大潮による高い潮位に関する香川県潮位情報について
 夏から秋にかけては海水が暖まって膨張するため、日本各地の潮位は一年のうちで最も高くなります。このため、この季節の大潮時期は台風等の影響がない場合でも高潮による浸水害をもたらすことがあります。

 大潮時期の潮位変化の例
  大潮時期の潮位変化のグラフ

 このグラフでは、3日目と4日目に潮位が高潮注意報の基準を超えています。しかし前後の日も注意報基準に達するまで、あと少しであったことが分かります。このように、大潮時期には注意報基準に達するおそれがあるという程度の潮位が数日間続きます。
 このような高潮は急激な潮位の上昇はありませんが、海岸や河口付近の低地が浸水するおそれがあります。
 気象台では、大潮時期に潮位が高くなり高潮注意報を発表する可能性がある場合には、「大潮による高い潮位に関する香川県潮位情報」を発表して満潮時に浸水しやすい所に対して、事前に高潮が発生する可能性があることをお知らせすることがあります。
このページのメニューへ
このページのトップへ
ホーム > 防災気象情報の手引き(気象関連) > 高潮について (大潮による高い潮位に関する香川県潮位情報について)
Copyright(C)2011 高松地方気象台 All Rights Reserved. 著作権・リンク・個人情報保護利用上の注意(免責事項)