徳島地方気象台

南海地震について


徳島県では、くり返し発生してきた南海地震とそれに伴う津波によって、 幾度となく甚大な災害に見舞われてきました。1946年12月には昭和南海地震が発生しており、私たちは近い将来発生する次の南海地震へ備えていかなければなりません。

そこで、南海地震について更に知ってもらうべく、地震の特徴やしくみに加え、県内にある地震津波の碑や、昭和南海地震当時の調査記録、写真、地震体験者の方々の体験談などをこのページで紹介させて頂くこととしました。

過去の災害の状況を知ることで、今後の地震・津波への対策に役立てて頂ければ幸いです。

注:本ページに掲載した文章や写真の利用については、ページ下段の【徳島地方気象台ホームページについて】内の利用規約をお読みください。