徳島県の天気の特徴 徳島地方気象台

戻る

 徳島県は、大きく2つの気候区に大別されます。北部(特に西部)は瀬戸内気候に属し、南部は太平洋気候に属しています。 北部は、全国的に見て少雨地域ですが、南部は、日本でも有数の多雨地域となっています。 
 県の面積の約8割を山地が占めることや、県西部の山間部では沿岸部に比べ気温の変動が大きいなど、気象特性は非常に複雑になっています。これらの気象的な特性が、徳島県を自然災害が多く発生する地域にしています。

    1 徳島県の降水量
 1981年から2010年に観測された、徳島県内各地の年平均降水量で、最も降水量が多いのは、福原旭(ふくはらあさひ)観測所および木頭(きとう)観測所で約3000mmとなっています。
 一方、最も少ないのは剣山(つるぎさん)の北側の穴吹(あなぶき)および池田(いけだ)観測所で約1400mmとなっています。
 剣山系を境として、県北部の降水量は県南部の降水量の2分の1以下となっています。雨の多い年には剣山系南側では、4000~5000mmに達することもあります。また、干ばつの年には剣山系北側では、800~900mmのこともあります。

池田 1389.6mm 福原旭 2922.9mm
穴吹 1405.7mm 蒲生田 1904.0mm
徳島 1453.8mm 木頭 3092.4mm
半田 1507.5mm 日和佐 2516.9mm
京上 2209.4mm 海陽 平年値なし

2 徳島県の気温
 1981年から2010年に観測された、徳島県内各地の年平均気温は、県東部の海岸地方では約16℃で、県西部の山沿い地方に向かうに従い、次第に低くなる傾向にあります。県内で最も寒冷地にあたる剣山周辺(剣山山頂は除く)の山麓地方の年平均気温は約12℃で、海岸地方と比べ4℃の差があります。月平均気温の差は、夏は小さく、冬は大きくなり、ときには7℃にも達することもあります。

池田 14.1 蒲生田 16.4
穴吹 15.2 木頭 13.4
徳島 16.6 日和佐 16.7
京上 12.0 海陽 平年値なし


徳島地方気象台ホームページについて