気象災害に関する資料(過去3年度分)

災害時自然現象報告書

災害時自然現象報告書とは、暴風・豪雨・地震等の自然現象による災害が発生した場合に、関係機関等の防災業務の参考とするため、災害を引き起こした現象や気象庁のとった措置等の概要を取り纏め作成・公表しているものです。


東京管区気象台が作成した資料

令和2年台風第14号及び前線による令和2年10月7日から10月11日にかけての大雨等(気象庁HPへのリンクです)


    過去3年度以前の資料(気象庁本庁作成資料を含む)

    災害時自然現象報告書(気象庁HPへのリンクです)

    大雨、台風等の気象資料(気象速報)

    突風被害に関する現地災害調査報告


    管内に関連がある資料

    過去3年度以前の資料

    竜巻等の突風データベース (気象庁HPへのリンクです)