平成20年7月27日に石川県小松市で発生した突風について


◆ 資料掲載日

  平成20年7月30日


◆ 概要

    平成20年7月27日に石川県小松市で発生した突風について、7月27日及び29日 に現地調査を実施した結果をまとめました。


◆ 本文

  • 突風をもたらした現象の種類
    この突風をもたらした現象は、ダウンバーストと推定しました。
     (ダウンバーストの根拠)
     ・被害に面的な広がりがあった。
     ・飛散物や倒木などから推定した風向に発散性が見られた。
     ・被害の発生時刻、被害地付近を活発な積乱雲が通過中で、強い降水があった。
     ・竜巻の発生を示唆する情報はなかった。

  • 強さ(藤田スケール)
    このダウンバーストの強さは、藤田スケールでF1と推定しました。
     (F1の根拠)
     ・倒木及び比較的太い幹の折損が複数見られた。
     ・小松飛行場で35m/sの瞬間風速を観測した。

  • 気象概況

    前線が日本海西部から北陸地方を通り、東北地方南部に達していた。
    この前線に向かって南から湿った空気が入っており、大気の状態が不安定であった。
    小松市で突風が発生した時間帯には、活発な積乱雲が被害地付近を通過中であった。


◆ 問い合わせ先

  東京管区気象台 気候・調査課   電話 03-3212-8341(代) 内線5564
  金沢地方気象台 防災業務課    電話 076-260-1462


◆ 資料全文

  平成20年7月27日に石川県小松市で発生した突風について[PDF形式:1364KB]

注)この資料は、速報として取り急ぎまとめたもので、後日内容の一部訂正や追加をすることがあります。


戻る

PDFファイルをご覧いただく為には、Adobe® Reader® が必要です。
右アイコンをクリックし、ダウンロードして下さい。
Get Adobe Reader