平成26年6月25日の大雨に関する東京都気象速報


◆ 資料掲載日

  平成26年6月27日


◆ 概要

 6月25日の昼過ぎから夕方にかけて、東京地方では断続的に雷を伴った非常に激しい雨が降り大雨となった。
 この大雨により、23区西部では、住家の浸水や道路冠水の被害が発生した。
 東京管区気象台では、この時の気象状況を取りまとめる目的で本資料を作成した。
 本資料は6月26日15時現在のものである。

◆ 本文

 6月25日は、日本海に高気圧がありほとんど停滞していた。一方、日本の南に梅雨前線が停滞していた。東日本の上空には寒気があり、大気の状態が非常に不安定となったため、所々で積乱雲が発達した。
 東京地方では明け方から夜のはじめ頃にかけて断続的な雨となった。特に昼過ぎから夕方にかけては雷を伴い非常に激しく降ったところがあった。解析雨量によると、昼過ぎに23区西部で1時間に60ミリを超える非常に激しい雨を解析した。

◆ 問い合わせ先

東京管区気象台 気象防災部 防災調査課   電話 03-3212-3853

◆ 資料全文

  東京都[PDF形式:1,426KB]


注)この資料は、速報として取り急ぎまとめたもので、後日内容の一部訂正や追加をすることがあります。


戻る

PDFファイルをご覧いただく為には、Adobe® Reader® が必要です。
右アイコンをクリックし、ダウンロードして下さい。
Get Adobe Reader