平成30年2月28日から3月2日にかけて急速に発達した低気圧に関する気象速報


◆ 資料掲載日

  平成30年3月6日


◆ 概要

 3月1日は、低気圧が急速に発達しながら日本海を北東に進んだ。また、1日09時には前線上に別の低気圧が発生し、急速に発達しながら関東地方から三陸沖に進んだ。1日21時にはこれらの低気圧がひとつにまとまり、2日にかけて北海道からオホーツク海に進んだ。
 このため、各地で強風が吹き、暴風となったところがあった。この影響で、強風に伴う転倒などによる人的被害、自動車の横転、停電などの被害が発生したほか、鉄道の運休や航空機の欠航など交通機関にも影響があった。
 また、茨城県では突風により自動車の横転による人的被害やトタン屋根の飛散などの被害があった。
 このときの気象状況を取りまとめる目的で本資料を作成した。

 報道発表資料[PDF形式:13KB]

◆ 問い合わせ先

東京管区気象台 気象防災部 防災調査課 担当:渡辺  電話 03-3212-8341(内線5564)  FAX 03-3212-3840

◆ 資料全文

東京管区全体[PDF形式:1,781KB](3/6発表)

長野県[PDF形式:794KB](3/5発表) 静岡県[PDF形式:3,732KB](3/6発表) 新潟県[PDF形式:2,709KB](3/5発表) 石川県[PDF形式:1,236KB](3/2発表) 福井県[PDF形式:2,659KB](3/5発表)



注)この資料は、速報として取り急ぎまとめたもので、後日内容の一部訂正や追加をすることがあります。


戻る

PDFファイルをご覧いただく為には、Adobe® Reader® が必要です。
右アイコンをクリックし、ダウンロードして下さい。
Get Adobe Reader