平成30年3月15日から公開中!

関東甲信地方版 農業に役立つ気象情報の利用の手引き
~農業気象災害を防止・軽減するために~

手引きでは、気候情報の体系・異常気象の背景・情報を使うポイント・データの使い方を解説しています。

手引きの目的と内容

気象庁及び地方気象台では、高温や低温、長雨、日照不足など気象に起因する農業災害を防止・軽減するため、季節予報などの気候情報をはじめとした様々な気象情報を発表しています。これらの気象情報を、都県で実施している農業技術指導などの営農対策に一層役立てていただくため、都県の農業担当者の方の意見を伺いながら、当手引きを作成しました。

長期間にわたって続く異常天候に対して、高温や長雨などの気象要因ごとに「どのような情報がいつ発表されるか」や「災害が発生しやすい気象条件」などを取りまとめました。また、短時間に大きな被害を及ぼす気象災害に対する数時間先から数日先までの情報についても解説しています。さらに、営農対策の計画的な実施の参考となるよう、「情報の入手方法」や「災害の発生が予想されるときに気象台と都県が作成する情報の流れ」なども掲載しています。

この手引きが、気象情報を活用するための一助となり、農業災害のさらなる防止・軽減につながることを期待しています。

手引きの構成

手引きの各章は独立した内容です。読みたい場所からどうぞ。

1~3章:関東甲信地方の特徴と気象庁が発表する気象情報の概説
第1章
関東甲信地方の概要
(平年の気候)
第2章
関東甲信地方の農作物と
影響の大きい気象現象
第3章
気候情報とは
4~9章:災害をもたらす気象要因「気象条件」「情報の体系」を解説
第4章
高温
第5章
少雨
第6章
長雨・
日照不足
第7章
低温
第8章
大雪
第9章
数時間から数日先に
かけての気象情報
10章以降:都県が出す農業技術情報との連係、気象資料の種類や活用方法を解説
第10章
気象情報と農業技術情報の連係
参考資料
行政機関がサービスする情報
関係機関の窓口
(別冊)付録
農業に役立つ情報やデータの取得

※注意:表にあるリンクは分割ファイルへのリンクではありません。別冊付録を除き、すべて同じPDF文書へのリンクであり、PDF文章の該当するページを直接開きます。ファイル容量が変わらないことにご注意ください。

リンク

北陸地方版の手引きはこちら >  (新潟地方気象台作成 約12MByte)

東海地方版の手引きはこちら >  (名古屋地方気象台作成 約6MByte)

全国各地方の手引きはこちら >  (気象庁ホームページ農業気象ポータルサイト