防災教育素材集トップへ 津地方気象台HPへ 気象庁HPへ
台風・大雨
気象の観測
天気予報
地震・津波
防災
地球環境・気候

雲の写真集

上層雲

5~13kmの高さによく現れる。氷の粒でできている。

巻雲巻積雲巻層雲
繊維状の構造で、巻毛や絹のような外観をしている。薄く白い塊で、雲に影がなく非常に小さな丸い塊が規則的に集まっている。ときにはさざなみ状を呈する。ベール状の白っぽい雲で月や太陽を覆うと傘現象が現れる。


中層雲

2~7kmの高さによく現れる。高層雲は普通中層に見られるが、上層まで広がっていることが多い。乱層雲は普通中層に見られるが、上層及び下層に広がっていることが多い。

高積雲高層雲乱層雲
雲に影があり、薄い片、丸い塊、ロール状等からなる。繊維状または一様な層をしている。暗灰色の層状の雲で、太陽や月を完全に覆い隠す厚い雲。混沌とした感じ。


下層雲

地面付近~2kmの高さによく現れる。積雲、積乱雲は普通下層にあるが、雲頂は中、上層まで達していることが多い。

積雲積乱雲
濃密で輪郭がはっきりし、こぶのように盛り上がり、ドーム状または塔状で鉛直上方に発達している。発達すると雄大積雲となる。鉛直上方に大きく発達した濃密な雲で、外観は山や巨大な塔のような形。発達した積乱雲の頂は10kmを超えることがある。雲の頂はしばしばかなとこ状に広がる。突風、雷、強い降水を伴うことがあり注意が必要。
層積雲層雲
片、薄い板状、層状の雲。モザイク状、ロール状、丸みをおびた塊の雲。最も低く現れる霧のような雲。ときにちぎれ雲の形で出現することがある。

雲の高さ