ホーム > 栃木県の気象・災害 > 栃木県の主な気象災害 > 平成10年8月末豪雨(那須豪雨)

平成10年8月末豪雨(那須豪雨)


那須豪雨の概況

1998年8月26日から31日にかけて、栃木県北部から福島県南部を中心に記録的な大雨となりました。
この間、前線が本州付近に停滞し、さらに日本のはるか南海上には台風第4号があってゆっくり北上していました。
豪雨は、東から張り出していた太平洋高気圧の周りを回る形で南から暖かく湿った空気が前線に向かってくり返し流れ込み、那須地域や福島県の南部で次々と積乱雲を発達させたために起こりました。
那須地域では那珂川支流の余笹川等がはん濫し、死者5名、行方不明2名、多数の家屋の流失、全壊、床上浸水被害が出た大災害となりました。

那須豪雨の時のイメージ図です。

那須の降水量

栃木県では那須町を中心とした県北部で記録的な降水量となりました。
那須町では27日午前2時に1時間雨量90ミリを観測、27日の24時間で600ミリを超えました。
また、31日までの合計が1254ミリに達し、年間合計降水量の3分の2が6日間で降ったことになります。


那須の1時間雨量と積算雨量をグラフ化しています。